家を売る人の悩み解消

家を高く売るためにできることとは?大切なポイントを詳しく紹介

家やマンション、土地を高く売るには、なるべく高く売るためのタイミングやコツがあります。

いちばん大切なことは、信頼できる不動産会社へ売却の仲介を依頼すること。

そのほか、不動産売買初心者の方でもできるポイントはいくつもあります。

この記事では、不動産会社の選び方から高く売却するために大切なポイントについてご紹介していきます。

家、マンション、土地を高く売るには不動産会社選びが重要!

マイホームを高く売るにはどうしたらいいんですか?
まずは実績のある不動産会社を選ぶことが大切です。不動産一括査定サイトが役に立つでしょう。

家やマンションなどの不動産を高く売ろうと思っても、経験がない初心者には難しいですよね。

そこでおすすめしたいのは、信頼できる不動産会社へ売却の仲介を依頼することです。

不動産会社は大手から個人経営までさまざまありますが、それぞれ得意・不得意があります。

たとえば不動産会社のホームページで、次のようなポイントを確認してみましょう。

不動産屋のHPで確認すること
項目 確認事項
業務内容 ・不動産売却に強いかどうか
・どの種別に強いのか※
・対応地域
取り扱い物件 ・賃貸ではなく、売買物件が中心であるか
・物件の地域
・どの種別が中心か
売却実績 ・売却件数
・売却物件の種別
・売却物件の地域
担当者プロフィール ・売却実績
・得意エリア
・宅地建物取引士免許の有無
※マンション、戸建て、土地など

会社のホームページでは、不動産売却に強いかどうかだけでなく「対応地域」「得意な種別」も、合わせて確認することが大切です。

不動産会社の選び方については、次の記事でも詳しく紹介しています。

いろんな不動産会社を調べるのは難儀じゃのう・・・。もっと手っ取り早い方法はありませんか?
不動産の一括査定サイトを利用すると、複数の不動産会社から連絡してもらえますよ。

不動産一括査定サイトならインターネット上で売却したい物件の基本情報を入力すれば、一度に複数の不動産会社へ査定依頼ができてしまいます。

詳しくは、こちらの記事「おすすめな不動産一括査定サイトを厳選してご紹介!」でも紹介しています。ぜひ確認してみてくださいね。

なお、不動産一括査定サイトで提示される査定額は概算のため、実際に販売可能な価格そのものという訳ではありません。

不動産一括査定サイトを通じてさまざまな会社が連絡をしてくれるので、担当者の対応ぶりや会社の評判や実績などから最適な会社を絞りましょう。その後、実態に近いより詳細な査定額の評価を依頼していくことになります。

ただし査定時に、あまりにも高い査定額を提示してくる会社には注意して下さい。

不動産相場は、自宅周辺の売買情報などからある程度想定できます。相場よりも明らかに高い査定額はそれだけで信憑性に欠けるものとなりますので、仲介を依頼しないようにしましょう。

家、マンション、土地を高く売るための最適なタイミングを知ろう

先生、家を高く売るのに最適なタイミングってあるんでしょうか?
はい。家などの不動産を売却するタイミングは、次の4点を考慮して決めましょう。
不動産を高く売るために考慮したいタイミング
  • できるだけ冬になるまでに販売開始する
  • できるだけ不動産価値が高いときに売却する
  • できるだけ築年数が浅いときに売却する
  • 利益を残すため、所有期間が5年を超えてから売却する

詳しくみていきましょう。

できるだけ冬になるまでに販売開始する

不動産を高く売るには、需要の高い季節を狙って売り出すのもひとつの方法です。

日本では多くの場合、新学期や新生活が4月からスタートしますよね。

その時期に間に合わせようとして不動産を購入する人の取引が、2月から3月あたりに集中します。

そのため、前年の12月から遅くとも1月くらいに売却を開始すると時期的に高く売れる可能性があるのです。

できるだけ不動産価値が高いときに売却する

不動産を高く売るタイミングを見極めるには、不動産相場の動きも見ておくことも重要です。

不動産相場は概ね株式市場と相関関係がありますので、日経平均株価などが参考になります。

いわゆるアベノミクス相場が始まった2013年頃から株式市場は上昇しており、不動産相場もつられるようにして都市部を中心に不動産相場は上昇を継続させています。

また2020年には東京オリンピックがあり、不動産業界では不動産市況の一つのピークを迎えるとも言われています。

地方ではそれほど上昇していないエリアもたくさんありますが、今後リーマンショックのような世界的な経済不況が起これば、今の不動産相場も大きく崩れ、最悪の場合誰も買い手が見つからないという状況も考えられます。

判断が難しい場合は、不動産会社や不動産コンサルタントなどの専門家へ相談してみましょう。

できるだけ築年数が浅いときに売却する

できるだけ築年数が浅い物件のほうが、高く売れる傾向にあります。

戸建ての場合、新築時から築11年~15年まで建物の価値が10%前後の減少で済みますが、築15年を超えると大きく減少していきます。そのため戸建ての売却は築15年目くらいまでに売却すると、比較的高く売れる可能性があります。

またマンションについては、築5年目までに2割ほど下落し、その後の下落幅はなだらかになります。しかし戸建てと同じように、築15年目くらいから再び下落が大きくなる傾向も。それまでに売却するのが、タイミングとして望ましいといえるでしょう。

利益を残すため、所有期間が5年を超えてから売却する

不動産の購入価格よりも売却価格が高いと譲渡所得が発生し、所得税を納める必要があります。

なるべく所得税を抑えて利益を残すには、所有期間が5年を超えてから売却するのがおすすめです。

この譲渡所得の適用税率は、所有期間によって2種類あります。

所有期間が5年超の土地・建物については長期譲渡所得となるために「20.315%(所得税15.315%と住民税5%)」、5年以下の土地・建物については「39.63%(所得税30.63%と住民税9%)となります。

この差は大きく、もしあまり高く売れなかった場合でも手元に残る金額に大きく影響します。

ただし所有期間が伸びるほど築年数は増えますので、5年を超えてから長く放置するのは避けましょう。

そのほか、家などの不動産を高く売るためにやっておきたいこと

友達が、部屋をきれいしたらすぐに買い手が見つかったと言っていましたよ。
少しでも高く売るためには内覧者の印象も大切ですね。

不動産を高く売るには高く売りやすいタイミングで売却することも重要ですが、その他にも高く売るためにできることがあります。

それは売却物件の内覧にくる人の、印象をよくすることです。

内覧に来る人の印象をよくするには、次のような方法があります。

内覧に来る人の印象をよくする方法
  • 掃除をしてキレイにしておく
  • 部屋を広く快適に見せる
  • 部屋を明るく見せる

詳しくみていきましょう。

掃除をしてキレイにしておく

当たり前のことですが、清潔に保たれた部屋はたとえ古い物件であってもそれだけで印象がよくなります。

ゴミや塵が落ちていないのは当然のことながら、窓や床などがきれいに磨かれていると内覧者は安心できます。

キッチンや浴室などで汚れが酷く自分でキレイに出来ない場合は、費用がかかってもプロに頼むことも検討しましょう。

費用は業者や広さによっても異なりますが、キッチンや浴室についてはそれぞれ約1万円~2万円程度です。何千万円から何億円にも及ぶ売却価格を考えたら、数万円の出費は必要経費と割り切ってもいいくらいの金額ではないでしょうか。

また、売却する対象が戸建住宅などの場合、家の中だけでなく庭木やガレージなどエクステリアへのケアも重要です。

庭木が伸びきっていたり、ガレージに積みっぱなしの冬用タイヤなどがあると家全体の印象を暗くしてしまいます。家の中同様に庭木の手入れやガレージ・玄関ポーチなどについてもきれいに保っておくとよいでしょう。

部屋を広く快適に見せる

部屋の中にモノが多すぎると部屋が狭く見え、内覧者の印象が悪くなる可能性があります。

空き家の状態で家具を置いていなければ問題ありませんが、居住中の場合でモノが多すぎるような場合には一工夫が必要です。

一時的にトランクルームを使ったり、実家に頼んで預かってもらうと荷物を減らせ、部屋が広くて快適な印象を与えられます。

内覧者は実際の間取りから広さがわかるとはいえ、見た目の印象によって購入意欲に差が生まれる場合があるため、できるだけ対応しましょう。

部屋を明るく見せる

部屋が明るいと実際よりも広く、快適に見せることができます。

内覧者の訪問がある日は、たとえ日中でも各部屋の明かりをつけておくと好印象となります。また昼間でも暗いと感じるような場合、照明を変えるなどの工夫をすると効果的です。

部屋の証明にはクリアな明るさの「昼光色」、自然な光をイメージさせる「昼白色」、さらに暖かみを感じさせる「電球色」があります。

特に陽当りの悪い北向きの部屋などには昼光色の照明に交換するとイメージが明るく、好印象となるでしょう。

家、マンション、土地の価格が下がってしまうケースとは?

株も不動産も相場が大切だと株取引をやっている友達から言われました。
相場以外にも築年数など売るタイミングによっては、価格を下げることもあるので注意しましょう。

次のような場合、不動産価格が下がってしまうケースがあります。

不動産価値が下がるケース
  • 不動産相場が下落している場合
  • 家やマンションが経年変化している場合

詳しくみていきましょう。

不動産相場が下落している場合

景気の後退や株価が中長期で下落を始めると、やがて不動産相場も下落していきます。

高値で売れるタイミングを逃すと売却価格を下げることになる可能性があります。

2013年に始まったアベノミクス相場によって、株式相場は上昇しつづけています。しかし今後は、世界景気の後退によって下落する可能性も。そうなると不動産相場も下落する可能性がありますので、今よりも不動産価値が下がるかもしれません。

特にリーマンショックのような暴落は定期的に訪れ、それが不況として長引けば不動産市況も悪影響を受ける可能性があるでしょう。

売却タイミングいかんによっては売却価格を下げることがあるので、相場を観察することも重要です。

家やマンションの経年変化と資産価値の下落

土地については経年変化がなく、資産価値が年を追うごとに下落するということはありません。しかし家やマンションについては、長く所有すればするほどその資産価値は徐々に低下していきます。

特に家やマンションは、新築から約15年目以降から大きく下落幅を広げていくため、それまでに売らなければ不動産価値を下げてしまう可能性があります。

先ほどご紹介した築年数から、検討すべき高く売りやすいタイミングを考慮することが重要です。

また家やマンションを長く所有すると資産価値の下落だけでなく、維持費も多くかかるようになり余計な出費が増えるために結果的に売却価格を下げるのと同じことになってしまいます。

やはり、維持費のかからないうちに売却を検討することが高く売るために大切になってくるでしょう。

高く売るためには、信頼できる不動産会社と売るタイミングを相談しよう

不動産をできるだけ高く売るためにはまず実績があって、売却に積極的な不動産会社を選ぶことが重要になってきます。

そのために不動産一括査定サイトを利用し、査定依頼からそのような会社を選んでいくことが大切です。

また高く売るタイミングもみるようにしましょう。

たとえ売主が不動産売買の初心者でも、部屋をキレイに清掃したり、部屋を明るい照明で照らしたりと、内覧者に良い印象を与えるための工夫はできますよね。

反対に売却価格を下げてしまうような下落時の不動産相場や長く所有することで売るタイミングが悪くなるといった事態は避けたいところ。

売却を検討している方は、今回ご紹介した内容を参考にして少しでも高く売れるように実践してみてください。

※記載の情報は、2019年12月現在のものです。

監修者メッセージ

家を売る理由は人それぞれです。あらかじめ売却時期を設定していたり、売却する条件が整ったら売却すると計画しているケース。あるいは予想外の理由により売却することになるケースもあります。どちらの場合も出来るだけ高く売りたいと考えるのは当然です。

タイミングにより相場の高低があり、仲介会社の信頼性が重要です。

プロフィール
不動産売却カテゴリー記事監修(弘中純一)
弘中 純一
宅地建物取引士、一級建築士の資格を保有。
中古住宅・中古アパートの媒介業務・調査業務に従事し、現在は札幌市内の宅建業者にて専任の取引士を務めている。
2006年より、住宅に関する無料の相談サイトを開設し、住宅リフォームや中古住宅購入の相談に応じている。