ETF投資入門
日銀がETFを買い入れる理由とは?影響や効果を投資に活かす方法

日銀がETFを買い入れる理由とは?影響や効果を投資に活かす方法

ETFといえば、初心者でも簡単に始められる、分散投資がしやすい、手数料が安くてコストがかからない、そしていつでも売買ができるなどの魅力がある金融商品です。

信用取引もできるETFは、上昇相場だけでなく、下降相場でも利益を作れるため、株式投資同様に投資家からの人気が高い金融商品なのですが、ここ最近になって今まで以上にETFに注目が集まっています。

ETFを購入する投資家は、個人だけではありません。資金力のある大口の機関投資家もETFを購入しています。そのような大口の機関投資家の中には、日銀も含まれます。

資金力のある大口の機関投資家がETFを購入すると、その結果として価格が高騰しやすいです。日銀ほどの資金力のある機関ならば、その効果は絶大です。

ここ数年、日銀がETFを大量に購入しています。その結果、買い入れ対象になっているETFや、それに関連している日本株の価格が急激に値上がりしています。

今回は日銀がETFを購入する理由とその効果、そして投資の活かし方などを紹介します。

日本の中央銀行「日銀」とは?

日銀とは日本銀行のことで、日本の中央銀行です。

政府から独立している機関で、その役割は物価と金融システムを安定化させることにあります。日本の全金融組織の中心的な存在であり、日本銀行法に基づいて設立されました。

物価や国民経済を安定化させるために、日銀は政策金利や公開市場、支払準備率などを操作するための金融政策を実施します。

さらには、銀行間同士の取引の決済をするという機能も持っており、日銀とはいわば銀行のための銀行なのです。

2013年頃に、日銀は量的質的金融緩和を名目にETFの買い入れを始めました。

それ以前よりから、日銀はETFを購入していたのですが、2013年の緩和は今まで以上に規模の大きい金融緩和となりました。

その影響もあってか、2013年より多くのETFの銘柄の価格が上昇しています。この数年で価格が高騰した銘柄はとても多く、この時期にETFを購入した方は、今ごろ値上がりの恩恵を多く受け取っていることでしょう。

日銀がETFを買い入れている限り、今後も価格が上昇する可能性はとても高く、そのような背景もあってかETFは今、多くの投資家から注目されている金融商品です。

日銀がETFを買ってくれるおかげで価格が上昇するなら、こっちも安心してETFを買えますね。
そうですね。ただ、ETFといってもすべての銘柄が値上がりしているわけではありません。ETFを選ぶ時は、日銀の買い入れの影響を受けていそうな銘柄を選びましょうね。

なぜ日銀はETFを購入するのか?

個人投資家がETFを購入する目的は、主に資産運用をするためでしょう。では、日銀がETFを購入する目的とは一体何なのでしょうか?

日銀がETFを購入する理由は、2%の物価上昇という目的を達成するためです。

物価の安定と経済の健全な発展を理念に掲げている日銀は、長年にわたって続いているデフレを解決するためにも、2013年より量的質的金融緩和のための施策をスタートさせました。

あくまで物価の上昇を目的にしているため、ETFだけでなく、国債の買い入れもこの時期に拡大しました。

その成果もあってか、2018年には日銀は上場投資信託の保有残高が24兆円にまで達し、主要な上場企業の大株主になれたほどです。

目的はともかく、ETFを大量に買い入れてくれるのは嬉しいですね。日銀がETFや株価を買い支えている限り、安心してETFを買えそうですね。
そうですね。ただ、今はまだ買い支えてくれているから安心ですが、将来も買い支えてくれるとは限りません。日銀が買い支えを止めた時、失望感から価格が落ちるリスクがあります。ETFを購入する際には、日銀の動向をよく見守っておきましょうね。

金融緩和とは?

金融緩和をキッカケに日銀のETFの買い入れが始まったわけなのですが、そもそも金融緩和とは一体何なのでしょうか?

金融緩和とは
日銀による金融政策の一つで、その目的は景気の底上げです。

金融緩和の施策の中には、ETFの買い入れの他に、国債の買い上げや、政策金利の引き下げなどがあります。これらの施策を実施することで、景気の底上げを実現することになります。

日本の場合、金融緩和をするといっても、既に政策金利は0%も同然で、これ以上下げる余地がありません。そうなると、金利を下げることで通貨の供給量を増やすという施策が使えません。

そのような事情もあってか、2013年の金融緩和の導入の際には、政策金利を下げるという施策だけでなく、さらには金融資産を大量に買い入れるという異次元の金融緩和が行われました。

日銀のETF保有残高は?

2013年よりスタートした異次元の金融緩和により、日銀は大量のETFを買い入れることになりました。

日銀のETF保有残高は、2018年3月末の情報によると、時価で約24兆円になるとのことです。

だいたい1年で6兆円ものETFを新たに買い入れるペースとなります。たとえ大口の機関投資家であっても、ここまで大規模な買い入れはできないでしょう。現在のETFや株価の価格は、日銀が買い支えているといっても過言ではない状況になっています。

当初の計画では、1年に1兆円買い入れる予定だったようですが、未だ目標の2%の物価上昇に届いていないということもあってか、時間の経過とともに段階的に購入額が増えているようです。

今後も段階的に購入額が増えていけば、日銀のETF保有残高もさらに増えていくことでしょう。

日銀がETFを買い入れることでどんな効果があるのか?

個人投資家と違い、日銀がETFを買い入れる効果はとても高いです。なにしろ日銀と個人では、購入できる金額が全く異なるからです。

個人投資家がいくらETFを購入したところで、ETFや株の価格に影響を与えることはまず無理でしょう。しかし、日銀ならば、価格に影響を及ぼすことができます。

日銀がETFを買い入れる効果は、ETFの価格上昇と下落抑制です。

日銀が大量にETFを購入することで、買い入れ対象の銘柄の価格は大きく高騰します。もちろん、日銀が買い入れるという情報が市場に伝わることで、期待感が高まり、さらなる買い入れを呼び込むことができるでしょう。

日銀が買うという情報が伝わるだけでも、価格の上昇に貢献するのです。日銀の買い入れほど、ETFにとってプラスになる好材料は他にはないでしょう。たとえマイナスになる悪材料があったとしても、日銀の買い入れ効果の前では無力に等しいです。

日銀がETFを買い支えることで、価格が上昇するばかりか、さらには下落の抑制にも繋がります。日銀が買い支えているという安心感がプラスに働くことで、ETFを購入する人は今後ますます増えていくことでしょう。同様に、売る人は減っていくことでしょう。

日銀のETFは、ETF並びに株式市場に対して、プラスの効果をもたらします。

日銀が買い入れる銘柄とは?

確かに日銀がETFを買い支えることで、ETFの価格は上昇しました。ただ、すべてのETFの価格が高騰したわけではありません。中には価格が変わらないETFもありますし、中には下がったETFもあることでしょう。

では、日銀が買い入れた銘柄とは、一体どの銘柄なのでしょうか?日銀の主な購入対象は、TOPIX型ETFとなります。

必ずしもTOPIX型ETFだけを購入するというわけではないのですが、政策決定会合で対象になりやすい銘柄といえば、やはりTOPIX型ETFとなりますので、今後ともTOPIX型ETFが買い入れの対象になることでしょう。

TOPIX型ETF以外に買い入れ対象になりやすい銘柄というと、日経平均型ETFやJPX400などがあります。TOPIX型ETFが今後多く購入されると、それに比例して株価も上昇することでしょう。ETFの購入は、結果的に日本株の上昇という恩恵をもたらします。

日銀のETFの買い入れは個人の投資にも影響を及ぼす?

日銀がETFを買い入れる目的は、景気を良くするためであり、日銀の利益を増やすためではありません。

日銀が今後もETFを買い入れることで、国内の景気はますます良くなっていくことでしょう。景気が良くなれば、家計も潤います。ただ、そのような生活全般の話ではなく、個人投資家レベルの話において、日銀のETFの買い入れがもたらす影響はあるのでしょうか?

日銀がETFを買い入れる影響は、当然ですが、個人投資家にも及びます。日銀がTOPIX型ETFを大量に購入すれば、その銘柄だけでなく、関連している株価も値上がりすることでしょう。

そうなれば、購入対象となっているETFを保有している投資家はもちろん、値上がりが見込める株を保有している投資家も、値上がりした分だけ利益を得ることができます。

それも、日銀という豊富な資金を持つ大口の機関投資家が大量に購入するわけですから、通常よりも値上がり率の高い上昇相場に乗ることができるでしょう。

日銀のETFの買い入れは、個人投資家にとって、大儲けができるチャンスでもあるのです。

日銀がETFを買い入れることで値上がりするって言いますけど、実際どのくらい値上がりしたのですか?
そうですね。例えばTOPIX連動型上場投資信託の場合、2013年から2018年にかけて、1000円未満から1500円以上まで価格が上昇しました。当初よりETFを購入していた方は、今頃値上がりの恩恵を沢山受けてるでしょうね。

日銀の買い入れ時間は?

確かにここ数年、日銀はETFを大量に購入しています。そのおかげで、買い入れ対象となった銘柄の価格は大きく上昇しました。ただ、上昇相場だからといって、常に上昇トレンドが継続しているわけではありません。上昇相場が発生している最中であっても、短期的には下落することもあります。

上昇トレンドで勝つためのコツは押し目買いです。上昇している時に買うのではなく、一旦落ちて、価格が安くなった頃合いが買い時となります。

日銀の買い入れ時間を知っておけば、ETFの押し目買いがやりやすくなることでしょう。日銀がいつETFを買い入れるのか、そのタイミングを予測することはなかなか難しいです。

日銀がどのような条件をもってしてETFを買い入れているのかは定かではありません。ただ、数値が前日終値比でマイナスになっている時に購入されることが多いので、前日終値比に注目すると良いかもしれません。

その上で日銀が買い入れる時間帯なのですが、だいたい13時15分頃に購入するとされています。

これもあくまでこの時間帯に買うだろうという予測であって、確実な情報ではありません。ただ、この時間帯に購入している可能性が高いので、日銀の買い入れ時間を気にするのであれば、お昼頃よりチャートをチェックすると良いでしょう。

日銀はいつまでETFを買い入れ続けるのか?

日銀は今後、いつまでETFを買い入れ続けるのでしょうか?

確かに日銀がETFを買い入れ続けるおかげで、ETFや株価の値上がりの恩恵に浴すことができます。それだけに、もしも買い入れを止めることになったら、期待感が消失し、一気に価格が暴落する恐れがあります。

そのような事態を避けるためにも、いつ買い入れが終了するのかを知っておいた方が良いのですが、一体それはいつになるのでしょうか?ETFをいつまで買い続けるのか、その出口戦略については今のところ明確にはなっていません。

2018年8月の情報によると、日銀は今後のETFの買い入れについて、方法を見直すとのことです。当初目標にしていた物価上昇について、今のところ思ったような成果が出ていないためか、日銀は今後もETFの購入を拡大させていくかもしれません。

いつまで買い入れ続けるのかは現状では不明ですが、今後しばらくの間は買い入れ続けることでしょう。

日銀のETFの買い入れを個人の投資にどう活かすべきか?

日銀がETFを買い入れ続けている限り、当面の間は安心してETFを購入し続けることができます。たとえ悪材料があったとしても、日銀が買い支えている限り、ETFの価格が暴落する可能性は滅多にないでしょう。

この状況を個人の投資で活かすには、どうすれば良いのでしょうか?まず、現在は日銀の買い入れもあってか、購入対象となっている銘柄は上昇相場に入っています。

このような状況下で、あえて流れに逆らう必要はないでしょう。せっかく価格が上昇しているのであれば、そのトレンドをフォローするようにETFを購入すれば、値上がりした分だけ利益を獲得できます。

ETFは信用売りができる金融商品なのですが、あえてリスクをおかしてまで信用売りをするメリットはないでしょう。

日銀がいつ買い入れを止めても良いように準備をしつつ、普段はETFを購入し続ける、それが現状においてもっともリスクのないETFへの投資法となるでしょう。

日銀のETFの大量購入によって発生した上昇トレンドに上手く乗ることができれば、値上がりした分だけ利益を得られるでしょう。

日銀の金融緩和政策とETFの買い入れに注目!

2013年頃よりスタートした日銀の異次元の金融緩和により、購入対象となったETFはもちろん、日本株の価格がここ数年で急激に上昇しています。

日本の経済を良くするためにも、今後とも日銀はETFを購入し続けることでしょう。今、この日銀のETFの買い入れの流れに乗れば、将来的には値上がりした分だけ利益を得ることができるでしょう。

日銀が積極的にETFを買い入れている今の時期は、まさにETFへの投資でもっとも稼ぎやすい時期でもあります。

いつ買い入れを止めても良いように警戒しつつも、ETFを購入し続ければ、日銀の買い入れ効果も手伝って、将来的にはETFの値上がりによる恩恵を大いに受けられるでしょう。