マンション売却

マンション売却の流れや注意点など紹介します

転勤やマイホーム購入、離婚、相続など、マンション売却の理由はさまざまです。

すぐ売りたいと思っている方も、売ろうか迷っている方も、マンション売却に次のような疑問・不安があるのでは。

  • マンションってどうやって売るの?
  • マンションが売れなかったらどうしよう?
  • とにかく失敗せずマンションを売りたいけど、何に注意したらいいの?

ここではマンション売却を検討中の方に向けて、売却の基本的な流れ・売却時に知っておきたい注意点をお伝えします。

また「マンションの1階は売れないって本当?」「マンションは売るべき?貸すべき?」などの疑問も解決。売却に関する不安を取り除いていきましょう。

まずはマンション売却の流れを見てみよう

マンション売却は基本的に、次のような流れで行われます。

マンション売却の流れ
  1. 査定で、物件価格の目安を確認する
  2. 不動産会社と媒介契約する
  3. 売却活動が行われる
  4. 購入希望者と、価格などについて交渉する
  5. 購入者と売買契約する
  6. 手付金を受け取る
  7. 残代金を受け取る
  8. 物件の引き渡しを行う
またマンションなど不動産を売ったら、確定申告が必要になる場合もあります。不動産売却における確定申告については、別記事「★内部リンク予定」をご確認ください。

具体的な手順・各手順についての注意点などは、別カテゴリー「不動産売却の流れを分かりやすく解説!」をご覧ください。

では次の章から、マンション売却のコツ・注意点を見ていきましょう。

【1】マンションの売却期間は3~6カ月!長期化・売り急ぎは良くない

マンションの売却には、それなりに手間がかかるんですね。どれくらいの期間で売れるものなんでしょうか?はいります
マンションの売却期間は、3~6カ月が目安です。

マンションの売却期間は3ヶ月~6ヶ月が目安

マンションがいつまでも売れないと「売れ残り物件」という印象がつき、ますます売れにくくなってしまう恐れがあります。

またマンションは所有しているだけで管理費などが発生するため、売却期間が長期化するほど出費も増えてしまうのです。

マンション売却にかかる費用(マンションの所有中にかかる費用)

マンションの売却期間はどんな場合に長く(短く)なるのか、売却期間が延びそうな場合はどうしたらいいかなどは、次の記事で解説しています。

売却期間が長すぎないほうがいいんですね。それに、早く買い手が見つかるほうが安心だわ。
かといって売り急ぎをするのも、良くありません。焦りすぎると、売却価格より大幅に安い価格で売ってしまう恐れもありますよ。

【2】マンションの売り時・築年数ごとの売れ方を知っておこう

マンションには売り時があるため、売却のタイミングを考えることも大切です。

需要が高い時期・高額で売れる時期を知っておけば、より良い条件で売れる可能性もあります。

逆に売り時を気にせず売却すると、売却時期によっては売れづらくなる恐れも。「いつ売っても同じ」と考えず、計画的に売却しましょう。

マンションの売り時は、主に次のとおりです。

マンションの売り時
  • 引っ越しシーズン
  • その地域で再開発が行われる時期
  • 道路拡張や新設整備が行われる時期
  • 学校などが移転してくる時期

マンションの売り時については、別記事「★内部リンク予定」参考にしてください。築年数ごとのマンションの売れ方については、「★内部リンク予定」で解説しています。

マンションを実際売り出すまでには、準備に時間がかかるもの。売るかどうかの検討・価格の目安把握などは早めに行うのがオススメです。

ではマンション売却の準備段階となる、相場価格や売却費用、書類の確認について、注意点をお伝えしていきます。

【3】マンション売却の前に、相場価格を確認しておこう

売ると決めている場合も、売却を検討中の場合も、マンションの相場価格・売却にかかる費用は把握しておくべきです。

なんで把握しておく必要があるんすか?
売却前に相場価格を知っておくことで、適正な価格設定がしやすくなります。不動産会社とのトラブル防止にもなりますよ。

マンションの価格の目安は、不動産会社に査定してもらうのが一般的です。しかし「売ると決めたわけじゃないから、依頼するのに抵抗がある」という場合は、自分で調べることもできます。

マンションの価格相場は不動産会社に依頼することも、自分で調べることもできる

相場の調べ方については、別記事「不動産の相場を自分で調べたい!売却を始める前にできる4つの方法」を参考にしてください。

とはいえ相場価格はあくまで「目安」。実際の売却価格とは異なります。

マンション売却には不動産一括査定サイトの利用もオススメ!

不動産会社にマンションの査定を依頼するなら、「一括査定サイト」の利用もオススメです。

一括査定サイトなら、一度に複数の不動産会社へ査定依頼することが可能。一括査定には、次のようなメリットがあります。

マンション売却における一括査定のメリット
  • 複数の会社を比較し、自分に合ったところを選べる
  • 複数の査定結果を見ることで、売却価格の相場を把握しやすい
  • 各不動産会社へ申し込む手間が省ける
そんなメリットがあるんですね。

不動産会社はたくさんあるから、とりあえず近所の有名なところに直接依頼しようと思ってたわ。

一括査定サイトなら、その1社より高く・早く売ってくれる不動産仲介業者が見つかるかもしれませんよ。無料で利用できるので、検討してみてくださいね。

不動産一括査定サイトなら、高く・早く売れる不動産屋を見つけられる可能性もある

別記事「おすすめな不動産一括査定サイトを厳選してご紹介!」では、一括査定サイトのメリット・デメリットや活用術をお伝えしています。

オススメの一括査定サイトも紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

【4】マンション売却の前に、かかる費用も確認しておこう

マンション売却には、次のような費用がかかります。

マンション売却にかかる主な費用
  • 不動産会社へ支払う仲介手数料
  • 売買契約書にかかる印紙税
  • 抵当権抹消登記費用
  • ローン完済時の事務手数料
  • 不動産譲渡所得税
  • 引っ越し費用
このほか必要に応じて、リフォーム代・クリーニング代などがかかる場合もありますよ。
お金がかかるのは仕方ないんだから、売却費用なんて調べなくていいと思うけどな~。
きちんと確認せず売却すると、思ったより高額な費用がかかり家計が苦しくなる恐れがあります。売却価格と費用の目安から、だいたい手元にいくらのお金が残るかを把握しておきましょう。

マンションの売却価格・売却費用の目安から収入・支出のバランスを把握することが大切

不動産売却でかかる費用・戻ってくる費用については、別記事「不動産売却にかかる費用を一覧でチェック!売却で戻ってくるお金も」で詳しく解説しています。参考にしてください。

【5】必要書類を揃えておけば、マンション売却がスムーズに進む

マンション売却に必要な書類は、早めに用意しておくことをオススメします。

マンション売却に必要な書類は、主に次のとおり。

マンション売却の主な必要書類
<必要>
・身分証明書
・実印
・印鑑証明書
・登記済権利書(登記識別情報)
・固定資産税納税通知書および固定資産税評価証明書
・管理規約、使用細則など
・維持費などに関する書類

<任意、または不要な場合あり>
・住民票
・ローン残高証明書(ローン返済予定表)
・銀行口座書類
・耐震診断報告書、アスベスト使用調査報告書など
・購入時の契約書、重要事項説明書など
・パンフレットや広告資料
・その他売主保有の証明書

うわー、こんなにあるの!?
書類の準備が遅れたり、不備があったりすると、スムーズに売却を進めるのが難しくなります。余裕をもって準備しましょうね。
はーい。・・・あれ、マンションの権利書がない。再発行してもらえますかね?
権利書の再発行はできません。しかし司法書士や公証人などに本人確認・書類作成依頼すれば、権利書の代わりとして使えますよ。

マンションの権利書を紛失したときの対処法については、次の記事で解説しています。

【6】マンション売却は、不動産会社選びが成功のカギ!

不動産会社の仲介でマンション売却を行う場合、どの業者と媒介契約するかで結果が大きく異なります。

どの不動産屋さんも、プロだから安心だと思うけどなぁ・・・。
不動産会社によって、サービス内容や強みなどは様々。物件や希望条件に合ったところを選ぶことが大切なんですよ。

不動産会社を選ぶ際のポイントは、主に次のとおりです。

マンション売却における不動産会社の選び方
  • マンション売却に強い業者を選ぶ
  • 営業担当者の態度・仕事ぶりを見る
  • 大手と中小どちらが適切か判断する

マンション売却における不動産会社の選び方・コツ

不動産会社によって得意分野は異なります。マンションを売りたいなら、マンション売却に強い不動産屋を選びましょう。

営業担当者の態度や仕事ぶりが気になった場合は、担当の変更を検討する必要があります。

また大手企業だけでなく、中小企業でも「その地域の売却に強い」など魅力的な会社が見つかる可能性も。それぞれのメリット・デメリットから、自分に合うほうを選ぶのがオススメです。

詳しい調べ方については、別記事「かしこい不動産会社の選び方!売却前に知りたい3つの判断ポイント」でお伝えしています。

マンション売却の様々な悩み・疑問についてケース別に説明します

マンションを売却する際、次のようなケースで悩む方も多いのではないでしょうか。

マンション売却の悩み・疑問
  1. マンションが売れなかったら、どうしよう?
  2. マンションの1階は売れにくいの?
  3. マンションは売るべき?貸すべき?

ケース別に、マンション売却のコツ・注意点・困ったときの対処法などを見ていきましょう。

<1>マンションが売れないときの対処法&すぐ処分する方法!

わたしのマンション、売れるかどうか心配だわ。
マンションの立地や築年数などによっては「買い手がつかないかも」と思う方もいるでしょう。

しかし売れない原因・対処法を前もって知っておくと、売却時の不安が軽くなりますよ。

マンションが売れない場合、次のような原因が考えられます。

マンションが売れない場合、考えられる原因
  • 興味を持ってもらえるような物件情報でない
  • 需要がない
  • 売出価格が高すぎる
  • 不動産会社の売却活動が不十分
  • 囲い込みされている

このような場合は内覧(内見)に来る人もなかなかいないため、実際の物件がどんなに良くても売却が難しくなってしまうのです。

マンションを買う人は必ずといっていいほど内覧をします。内覧に人が来ない原因・対処法については、別記事「マンション売却の悩み解決!内覧に人が来ない原因と対処法」をご覧ください。

マンションが売れないとどのようなデメリットが生じるのか、売れない場合どうすればいいのか詳しく知りたい方は、次の記事をご覧ください。

<2>マンションの1階はメリット・ターゲットをおさえて売却!

マンションの1階は、次のような理由で「売れにくい」と言われています。

マンションの1階が売れない理由
・虫が侵入しやすい
・日当たりが悪い
・眺望が悪い
・プライバシーを守りづらい
・防犯面で不安に思われやすい
・水害の影響を受けやすい
・騒音や排気ガスが気になりやすい

しかしマンションの1階には次のようなメリットも。

マンション1階のメリット
  • 水回りトラブルや騒音で、他の住民に迷惑がかかりにくい
  • 落下事故などのリスクが低い
  • 入口から部屋への移動・運搬がラク
  • 物件によっては専用庭がある
小さい子どもがいる家庭にとって、落下事故のリスクが低いのは嬉しいですね。
そうですね。また1階は入口から部屋まで階段を使う必要がないため、高齢者の居住にも適しているんですよ。
なるほど。1階ならではのメリットがあって、オススメすべきターゲット層にも特徴があるんですね!
そういうことです。ターゲット層を絞って、1階の魅力をしっかり伝えるのも戦略のひとつですよ。

マンションの1階が売れないとされる理由・売却時のコツについては、次の記事を読んでみてください。

<3>マンションは売却と賃貸どちらがオススメ?状況に応じて判断を

マンションは、売却するのと貸すの、どっちがいいんすか?
それぞれのメリット・デメリットは次のとおり。自分に合ったほうを選びましょう。
マンションの売却と賃貸比較表
方法 特徴
売却 <メリット>
・売却益を得られる
・維持費や管理費などの支払いがなくなる
・ローンを完済できる可能性がある
・売却時に戻ってくる費用がある
<デメリット>
・ローンを完済できない恐れもある
・売却期間が延びるほど売れづらい
賃貸 <メリット>
・不労所得が得られる
・分譲マンションは賃料が比較的高い
・節税できる
<デメリット>
・入居者がいなければ収入が得られない
・クレームやトラブルに対応しなければならない
・二重ローン※の場合は審査が通らない場合も
※ローン返済中のマンションを貸して、マイホーム購入のため新たなローンを申し込むこと

また売却と賃貸では、利益やかかる費用も異なります。売却価格や賃料、費用の目安なども考慮する必要があるのです。

マンションを売るか貸すか迷った場合の考え方については、別記事「★内部リンク予定」で詳しく解説しています。迷っている方はぜひご覧ください。

当サイトでは他に買ったばかりのマンションを売るときの注意点や、マンション買い替えで失敗しないためのポイントについても解説していきます。

マンション売却の検討はお早めに!一度貸すと安くなるので要注意

マンション売却には様々なケースがあるため、抱える悩みも人それぞれ。高額のお金が動くため、不安で売却を踏みとどまっている方もいるでしょう。

しかしマンションは基本的に、築年数が古くなるほど価格は下がるもの。

再度住む予定がないのなら、早めに売却を検討するのがオススメです。

マンションを貸せば、定期的に不労所得を得られます。しかし所有している限り費用はかかりますし、一度貸したマンションは売却時に値段が下がりやすいです。収入・支出をしっかり確認したうえで検討しましょう。

当サイトでは不動産売却に関する様々な基礎知識・売る際のポイントについて解説しています。ぜひ参考にしてください。

NEW ENTRY

12