マンション売却

マンションの売却期間は3~6カ月が目安!売れないときの対処法紹介

マンションを売るなら、売却期間はなるべく短いほうが安心ですよね。

「住み替えで新しい家を買うから、購入資金を準備するために早く売りたい」「物件の立地が良いとはいえないので、いつ売れるか心配」など、売却を焦っている人もいるでしょう。

結論を言うと、マンションの売却期間は3~6カ月が目安。しかし物件の状況やシーズンなどによって「どれくらいの期間で売れるか」は異なります。

売主自身が工夫・注意することで、短い期間での売却が可能な場合もあるのです。

この記事では、マンションの売却期間の目安や、どのようなことが売却期間の長さに影響するかを解説。なかなか売れない場合の対処法も紹介します。

マンションの売却期間は3~6カ月が目安!全体の流れを確認しよう

「マンションの売却には3カ月くらいかかる」って聞きましたが、本当ですか?
一般的にはそう言われていますが、立地や劣化具合などの条件により、マンションがどれくらいの期間で売れるかは異なります。

そのためマンションの売却期間は、3~6カ月くらいが目安と考えておくべきです。

結構かかるんですねー。人気そうな物件なら、今日売ったら来週くらいには引き渡せるんだと思ってたよ。
目安より短い期間で売れる場合もあります。しかし次のように、売却にはいくつかの手続きが必要で、ある程度の期間を要するんです。
マンション売却の流れ
  1. 査定で、物件価格の目安などを確認する
  2. 不動産会社と媒介契約する
  3. 売却活動が行われる
  4. 購入希望者と交渉する(価格など)
  5. 購入者と売買契約をする
  6. 手付金を受け取る
  7. 残代金を受け取る
  8. 物件の引き渡しを行う
各手順にかかる期間の目安
手順 期間の目安
1~2 1~4週間
3~5 1~3カ月
6~8 1~2カ月

マンション売却の流れ

売却活動をしてから購入者が見つかるまで、けっこう時間がかかりそうね・・・。
購入を検討する人が見つかるか、交渉がうまくいくかなど、実際に売却してみないとわからない部分もあります。

そのため売却前に「いつ売れるか」を予想するのは難しいのです。

不動産売却の流れ、各手順での注意点などは「★内部リンク予定」で詳しく解説しています。

マンションの売却期間が長期化すると、ますます売りづらくなる

「なるべく高く売りたいから、自分の希望と合う購入者を見つけたい」などの理由により、売却を長期間で行いたい人もいるのではないでしょうか。

しかしマンションの売却期間が長すぎると、次のようなデメリットが生じます。

マンションの売却期間が長期化するデメリット
  • 「売れない物件」という印象がつき、ますます売りづらくなる
  • 業者が熱心に売却活動をしてくれなくなる可能性もある
なるほど。でも、焦って売るのも良くない気がします。
おっしゃるとおり。

売り急ぎにも「良くない条件・安い価格で売ってしまう(妥協してしまう)」というデメリットがあります。

売却期間の目安を踏まえたうえで、計画的に売却を進めることが重要です。

マンション売却期間の長さを決める5つの要因

夫の転勤が決まったから、マンションを売って、新たに家を買う予定です。でもマンションがいつまでたっても売れなかったら、金銭的に不安だわ・・・。
早く売れる可能性があるかどうかだけでも、把握できるといいですよね。マンションの売却期間がどのような要因で長く・短くなるのか、一緒に確認しましょう。

マンションの売却期間の長さは、次のような要因によって決まります。

マンションの売却期間を決める要因
要因 内容
物件の条件 ・立地
・築年数
・間取り など
開始時期 ・売り時を考慮して売却開始したか
売出価格 ・相場に対して適切か
・ライバル物件はどうか
内覧での印象 ・住みたいと思ってもらえるか
・内覧しやすいよう配慮できているか
・アピールポイントが伝わっているか
・悪い点も正直に伝えたか
不動産会社 ・売却活動に熱心か
・物件や売主と相性がいいか
「物件の条件」はどうすることもできないけど、それ以外の項目は自分でも何とかできそうですね!
そうですね。売却を始める時期・内覧の準備など、前もって対策しておくとスムーズに売れる可能性が高いです。

マンションが売れず売却期間が長くなりそうな場合の対処法

マンションを売りに出したんだけど、いつまで経っても売れなくて困ってます。

いつになったら終わるんだろう・・・。何かいい対処法ないかな?

売却期間が長引きそうな場合、売主ができる対処法は次のとおりです。
マンションがなかなか売れない場合の対処法
  1. 売出価格を安くする
  2. 内覧会対策をする
  3. 不動産会社を変える
  4. 不動産会社に買い取ってもらう

先ほどお伝えした「売却期間に影響する要因」と関連する部分が多いです。具体的な対処法を、次の章から見ていきましょう。

1、マンションの売却期間が長引きそうなら、売出価格を見直す

あなたのマンションになかなか買い手がつかない場合、売却価格が高い可能性があります。

また売り出し価格が適切であっても、近くのライバル物件(条件が似ている物件)がより安い価格で売られていると、自分の物件が売れないケースも。

ライバル物件がより安い売却価格を設定していると、自分の物件が売れづらい

そういった状況も確認し、不動産会社とも相談して値下げを検討しましょう。

ただし何も考えずに焦って値下げするのは、オススメできません。値下げが必要かどうか、慎重に判断してください。

また売買契約前には、購入希望者との値引き交渉が行われることも覚えておきましょう。

不動産の相場は、自分でも目安を調べることが可能です。スマホやパソコンがあれば行える方法なので、詳しくは次の記事をご覧ください。

2、マンションの売却期間が長引きそうなら、内覧対策を強化

「内覧会に来る人はいるけれど、なかなか購入につながらない・・・。」そんな場合は、内覧会で購入意欲を上げる工夫が必要です。

マンションの内覧(内見)で、売買契約につなげるポイントを見てみましょう。内覧前には、主に次のような準備が必要です。

内覧のポイント(準備)
  • 部屋や水回りなどを掃除しておく
  • 部屋が明るく、広く見えるよう工夫する
  • 破損部分は修理を検討する
  • 換気・消臭をしっかりしておく
  • エントランスやエレベーターも綺麗にする
  • アピールポイントが見える状態にする
  • 物件や周辺の情報を整理しておく

部屋の印象が良くなるよう、見た目を綺麗にしておくことは大切。

それに加えて物件・周辺の情報などを整理しておくと、買主へ説明したり、質問に答えたりなどの対応がスムーズにできます。

内覧当日は、主に次のポイントを意識してみましょう。

内覧のポイント(内覧時)
  • 部屋にいるのは、なるべく対応者のみ
  • 過度なおもてなしをしない
  • 物件・周辺環境の良さをしっかり伝える
  • 傷・汚れなど悪い点も隠さず伝える

住んでいる部屋を売却する場合、内覧時にはなるべく対応者のみがいるようにしましょう。家にいる家族の人数が多いと「ゆっくり内覧できない」「部屋が狭く見える」などのデメリットが生じます。

また「話しかけすぎる」「内見者に付きっきり」「タイミング・状況を考えずお茶を出す」などの過度なおもてなしは、内覧の妨げになることも。

購入者にとっては大きい買い物ですから、じっくり検討できる環境を作ることが大切です。

壁に汚れがあるけど、家具で隠しちゃえば問題ないっしょ!
後々買主とのトラブルになる恐れがあるので、絶対にいけません。悪い点も誠実に伝えてくださいね。

不動産売却の内覧を成功させるコツ・必要な準備については「★内部リンク先」でさらに詳しく説明しています。

3、マンションの売却期間が長引きそうなら、不動産会社を変える

「担当者の対応・売却活動や広告ではマンションが売れない」と判断した場合は、不動産会社を変えることも検討してみましょう。

俺のマンションが全然売れそうにないのも、不動産会社に問題があるからかな?友達が利用したときには、売却がうまくいったって聞いたのに・・・。
不動産会社によって得意分野は異なります。

そのためマルピーさんの売りたい物件に合った業者を選ぶ必要があるんですよ。

自分に合った会社なんて、どう見つければいいんですか?
不動産の一括査定サイトで見つけるのがオススメです。
一括査定サイトは、無料・一括で複数の不動産会社に査定依頼ができます。

いくつかの会社を比べることで、より自分に合った不動産会社を選ぶことが可能。物件情報・依頼者の要望をもとに、提携先から相性のよい不動産会社を提案してくれます。

当サイトで紹介している、オススメの一括査定サイトは次のとおりです。

オススメ一括査定サイト

それぞれ異なる特徴があるので、次の表に記載しておきます。

一括査定サイト比較表
サイト 提携先数 主な特徴
イエウール 1,800~ ・提携先が多い
ソニー不動産 ・片手仲介のみ
・対象は南関東のみ
すまいValue 大手6社 ・提携先は大手のみ
・売却後までサポート
イエイ 1,000~ ・無料相談あり
・お断り代行あり
HOME4U 約1,300 ・国内初の一括査定サイト
・NTTデータグループ運営
※ソニー不動産のみ

ソニー不動産は「片手仲介」しか行わないことを公表しているため、囲い込み※によって売却期間を延ばされる心配がありません。

囲い込みとは

他社で購入希望者が見つかっても対応しないこと。自社で買主を見つけ両手仲介(売主・買主の両方と契約)することを目的として行われます。

不動産売却における、不動産会社による「囲い込み」の仕組み

ただし業者を変え売却を再度始めることで、売却期間がより延びてしまう恐れもあります。契約先を変えるか、このままお願いするかは、慎重に検討しましょう。

変更するか迷った場合は、契約している業者が自分に合っているか確認してみるのもオススメです。次の記事も参考にしてください。

4、不動産会社に即買取りを依頼する方法も!ただし高くは売れない

「いろいろ手は尽くしたけど、マンション売れそうにない・・・。」「すぐ売らなきゃいけないけど、どうしようもない!」そんな場合は、不動産会社に買い取ってもらうことも考えてみましょう。

不動産屋さんが、直接買い取ってくれるんですか?
マンションは「不動産会社の仲介」で売却する形が多いですが、物件の買い取りを行ってくれる業者もあるんですよ。

マンションの売却には仲介だけでなく、不動産会社に買取を依頼する方法もある

マンションを不動産会社に即買い取りしてもらうメリット・デメリットは次のとおりです。

不動産会社による買取のメリット・デメリット
メリット ・売れる時期が明確
・早く売れる
・不具合や破損の補修は不要な場合が多い
・内覧の手間が省ける
・近隣に知られないよう対応してもらうことも可能
・事故物件でも売れる場合あり
デメリット ・相場より低価格になる場合が多い

いつまでに売る必要があるのかなど、状況に合わせて検討してみてください。

マンションの売却期間が長引きそうなら対応が必要!業者の買取も検討

マンションの売却期間は、3~6カ月が目安です。売却期間の長さも踏まえて、売り時を逃さないよう計画しましょう。

売り急ぎはよくないですが、長期化すると余計に売れづらくなるので注意が必要です。

マンションがなかなか売れない場合、売主自身でも行える対策があります。「購入希望者はいるか」「内覧で好印象を与えられているか」など、状況に応じて工夫してみるといいでしょう。

対処しても状況が変わらないのなら、不動産会社に買い取ってもらう方法もあります。

しかし価格は相場より安くなることが多いです。「最低でもこれくらいの値段で売りたい」という目安を考え、住み替えなどで困ることがないよう判断してください。

※記載の情報は2019年2月現在のものです。