おすすめ一括査定サイト
『片手仲介』のソニー不動産は売主の強い味方!対象は南関東のみ

『片手仲介』のソニー不動産は売主の強い味方!対象は南関東のみ

「ソニー不動産」とは、1都3県(東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県)をサービスエリアとしている不動産会社です。

ソニー不動産の特徴は「エージェント制度」。

売主・買主のどちらかだけを担当する「片手仲介」なので、次のようなメリットがあります。

・売主側の希望に沿った売却活動が行われる
・「囲い込み※」される心配がない

※他社で不動産の購入希望者が表れても、対応しないこと。自社で買主を見つけることで、売主・買主双方から手数料を得るために行われる。

ここでは「ソニー不動産」のメリット・デメリットや、利用方法、利用時のポイントについて解説します。

ソニー不動産のメリットを『エージェント制度』の仕組みから解説!

「ソニー不動産」って、あのソニーグループの会社ですよね?
有名な会社だから、安心感があるわ。
知名度の高さから、契約を検討する人も多そうですね。しかしソニー不動産のメリットは、それだけじゃないんですよ。

ソニー不動産では「エージェント制度」に基づいて売却仲介などを行っています。「エージェント制度」のメリットは、次のとおりです。

ソニー不動産「エージェント制度」のメリット
  1. 『片手仲介』なので売主の希望に沿いやすい
  2. 『囲い込み』で売却を妨げられる心配がない

それぞれ詳しく見ていきましょう。

エージェント制度のメリット1、『片手仲介』で100%売主の味方に

ソニー不動産では「売却エージェント制度」を設けており、売主側の立場から不動産売却をサポートしてくれます。

エージェント制度って、どんな制度なんですか?
「両手仲介」ではなく「片手仲介」の形で売買仲介を行う制度です。
両手?片手・・・?どういう意味ですか?
まず「両手仲介」とは、不動産仲介会社が「売主」と「買主」両方と契約し、対応すること。仲介手数料は、売主・買主両方から受け取れます。

不動産会社の両手仲介の仕組み

それに対しソニー不動産が行っている「片手仲介」は、売主または買主のどちらかを担当する形です。担当したどちらか一方からしか、手数料を受け取ることはできません。

不動産会社の両手仲介・片手仲介の仕組み(手数料の違い)

両方から手数料をもらえるなら、ソニー不動産も「両手仲介」にすればいいのに。
双方から手数料を受け取るため「片手仲介」をする不動産会社もあります。しかし「両手仲介」は売主・買主両方の希望に応じるのが難しいんです。

不動産売買の際、売主は「少しでも高く」買主は「少しでも安く」取り引きしたいと考えるもの。しかし相反する2つの希望を、1つの会社が同時に叶えることはできません。

両手仲介の場合、不動産会社は売主・買主両方の希望に応じるのが難しい

そこでソニー不動産は「エージェント制度」を導入。「100%売主側」の立場で売却をサポートできる体制を整えました。

エージェント制度のメリット2、『囲い込み』される心配がない

片手仲介のソニー不動産では、「囲い込み」が行われる心配もありません。
囲い込みとは

自社で買主を見つけて「両手仲介」にするため、他社で購入希望者が見つかっても対応しないことです。

不動産売却における不動産会社の囲い込みとは何か、わかりやすく図解

条件に合う買主が他社にいても、「囲い込み」をされると売却のチャンスを奪われてしまいます。このようなリスクを避けられるのは安心ですよね。

ソニー不動産を利用できるのは1都3県のみ!一括査定はできない

「ソニー不動産」には次のようなデメリットもあります。査定依頼をする前に、確認しておきましょう。
「ソニー不動産」のデメリット
  1. 対象地域は「1都3県」のみ
  2. 複数の不動産会社を比較できない

ソニー不動産のデメリット1、対象地域は『1都3県』のみ

ソニー不動産のサービスエリア(対象地域)は、東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県のみでし。またサービスエリア内でも、売却できない場合があります。

ソニー不動産のサービスエリア

しかし対象地域が限られている分、「その地域の特性に詳しい」という強みも。物件によっては「似た案件を取り扱った経験・実績があるので、売却をスムーズに進められる」というケースもあるんですよ。

地域特性に詳しいと、似た物件を取り扱った実績によりスムーズに売却できる

ソニー不動産のデメリット2、複数の不動産会社を比較できない

「ソニー不動産」から査定依頼をした場合、査定を行うのは「ソニー不動産」1社のみです。

えっと・・・当たり前じゃないかしら?
「イエウール」や「すまいValue」といった不動産の一括査定サイトでは、複数の会社へ査定を一括依頼できます。しかし「ソニー不動産」は一括査定サイトではないので、依頼できるのは「ソニー不動産」の査定のみなんです。

不動産の一括査定サイトなら、複数の不動産会社に査定を依頼できる

何社も査定依頼する必要はないと思うのですが・・・。
いえ、不動産売却の際には複数の不動産会社を比較し、どこを利用すれば売却がうまくいくか検討することも重要です。

一括査定サイトから査定依頼をすると、各不動産会社は「売主が他社との契約も検討していること」を把握できます。そのため各社が競合することで、売主は対応の質の良さなどを見極めることが可能です。

複数の不動産会社を比較すると、不動産会社のあいだで競争するため対応の質が良くなる場合がある

また売主自身も、複数の不動産会社に査定してもらうことで、売りたい不動産の価格の相場を把握できます。

複数の不動産会社に一括査定依頼することで、売りたい不動産の相場を比較しやすい

査定は無料。「ソニー不動産と契約する」と決めている場合も、一括査定で相場の目安を確認しておくのがオススメです。売出価格を決める際や、購入者の値下げ交渉に応じるとき、役立つ可能性がありますよ。

一括査定サイトとしてオススメなのは、主に次の4つです。

オススメの一括査定サイト一覧
一括査定サイト 提携の不動産会社数・特徴
イエウール 1,700社以上
・提携社数が多い
・自分に合った不動産会社を見つけやすい
HOME4U
(ホームフォーユー)
約1,300社
・NTTデータグループが運営
・日本発の不動産一括査定サイト
イエイ 1,000社以上
・不動産会社へのお断り代行サービスあり
・苦情の多い会社を排除する制度あり
すまいValue
(すまいバリュー)
6社
・大手不動産会社のみで運営
・ソニー不動産に比べ対象地域が広い
それぞれ異なるメリット・注意点があります。当サイトで詳しくお伝えしているので、ぜひ参考にしてくださいね。

「査定依頼をした後、営業の連絡が来るのに抵抗がある」という人は、次の記事で相場の調べ方を確認してみてください。

不動産売却の流れに沿って『ソニー不動産』利用時のポイントを解説!

「ソニー不動産」での不動産売却の流れは、次のとおりです。

不動産売却の流れ
  1. ソニー不動産へ問い合わせ・相談する
  2. 査定・売却方法の説明を受け、媒介契約する
  3. ソニー不動産による販売活動が行われる
  4. 購入者が見つかったら、条件調整・売買契約する
  5. 代金受領や引き渡しを行う

それぞれの手順について、ソニー不動産の特徴・利用時のポイントを交えながら説明します。

【1】ソニー不動産へ問い合わせ・相談の申し込みをする

まずはソニー不動産の公式サイトから、売却査定・個別相談会(自宅または店舗など)の申し込みをします。

申込フォームへの記入事項は、次のとおりです。

ソニー不動産の申込フォーム記入事項
項目 補足
査定・相談の希望 次いずれかを選択
・査定価格が知りたい
・売却について相談をしたい
物件の種類 次のいずれかを選択
・マンション
・一戸建て
・土地
・その他建物
物件所在地 住所・建物名(部屋番号)
申込者の連絡先 ・名前
・電話
・メールアドレス
・連絡先住所
(売却検討中の物件の同じか、異なるか)
物件の面積
(専有面積)※
・㎡または坪数で回答
希望価格※
自由記入欄※ <例>
・連絡日時に関する希望
・物件の状況
(賃貸中、空室中、居住中など)
・売却希望時期
・訪問査定、机上査定の希望
※任意(わかる範囲で可)

ちなみに電話・来店でも、不動産売却について問い合わせ可能。いずれの場合も、受付時間は同じです。

「ソニー不動産」の問い合わせ先
電話番号 0120-213-919
受付時間 10:00~18:30※
※定休日・ゴールデンウィーク・夏季休業・年末年始除く
査定や相談って、料金がかかるのかしら・・・?
いえ、どちらも無料ですよ。

【2】査定・売却方法の説明を受け、媒介契約を結ぶ

不動産がどれくらいで売れるかの「目安」を算出してもらうことを、「査定(売却査定)」といいます。

査定方法は、机上査定(簡易査定)・訪問査定の2種類です。

机上査定(簡易査定)とは

立地、土地の広さなどの「条件」から、不動産の価格を査定する方法。次のような特徴があります。

現地を見ずに査定されるため、立会い不要
・結果の通知が比較的早い
・訪問査定より精度が低い

訪問査定とは

不動産のデータだけでなく、現地を実際に見て得た情報も踏まえて査定額を出す方法。特徴は次のとおりです。

・机上査定に比べ、精度が高い傾向にある
・査定日には、売主(申込者)の立会いが必要
・査定依頼から結果通知までにかかる日数が比較的長い

それぞれにメリット・デメリットがあるんですね。どちらを選べばいいんでしょうか?
「すぐに売却したいというわけではない」「査定のためにスケジュール調整するのが難しい」という場合は、まず机上査定を申し込んでみるといいでしょう。
私は訪問査定のほうがいいです。より丁寧に見てもらえそうだもの。
訪問査定の場合は、建物の劣化具合・周辺の雰囲気なども考慮されます。可能であれば、より正確な査定額を見たうえで売却を検討したいですね。

ソニー不動産による訪問査定では、その場で売主の売却についての考えを聞いたうえで、売却プランを提案してもらうことも可能です。

「担当者(エージェント)と直接話し合い、不安を解消したい!」という人にオススメです。

査定額や売却プランに納得したら、媒介契約をして売却を進めましょう。

媒介契約の種類や注意点は、次の記事で詳しく紹介しています。

訪問査定・媒介契約時の必要書類は、次のとおりです。

必要書類(訪問査定・媒介契約時)
  • 運転免許証かパスポート
  • 認印
  • 管理会社からの配布書類※
  • 権利証か登記識別情報通知
  • 物件パンフレット
  • 固定資産税等納付書
※管理規約・長期修繕計画・総会議事録など

その他の書類が必要な場合もあるので、詳しくはソニー不動産へ問い合わせてください。

【3】ソニー不動産による販売活動(詳細な分析・売却戦略が強み)

媒介契約を結ぶと、「ソニー不動産」による販売活動が行われます。

「販売活動」って何すか?
不動産の宣伝や広告の作成・配布(掲載)を行ったり、実際に物件を見てもらったりして、売却を促すことです。

販売活動の流れは次のとおり。

「ソニー不動産」販売活動の流れ
  1. 販売図面の作成
  2. レインズ登録
  3. 内見
  4. 売却活動レポート
もう少し詳しい内容を、ソニー不動産の特徴も含めて見てみましょう。

1、販売図面の作成

専任デザイナーが作成した販売図面や、物件の良さが伝わるようなメッセージが作成されます。

2、レインズ登録

レインズ※へ物件情報を掲載し、他の不動産会社からの内見の増加を促します。

レインズとは

全国の物件情報が保管されているデータベースのこと。建設大臣から指定された不動産流通機構が、不動産情報交換を目的として運営しています。

3、内見

次に行われるのが、購入を検討している人に物件を見てもらう「内見(内覧)」です。

物件を買うとき、ほぼ全ての人が内見します。内見数が多いと、売主の希望条件に合った売却ができる買主が見つかりやすいです。

そのためソニー不動産では、「実際に見たくなる」ような販売図面・写真などを掲載しています。

物件を見られるなんて、なんだかドキドキするわ。気に入ってもらえるかしら・・・。
立地や周辺の雰囲気などは変えられませんが、次のような工夫で物件の印象も変わりますよ。
内見前にしておきたいこと
  • 掃除や整理整頓をしておく
  • 芳香剤などで生活臭を消す
  • カーテンや照明などで、明るい印象にする
水回りなど自力で綺麗にするのが難しい場合は、ハウスクリーニングを依頼するのも1つの手です。また玄関に花を飾るなどすると、第一印象も良くなりますよ。

また見学に来てくれた人に対する売主の態度も、売却に大きく影響します。

しつこく話しかけすぎないなど、内覧しやすいよう配慮しましょう。

内覧のポイントや注意点は「売却したい物件の内覧で好印象を与えるポイントや注意点を紹介!」の記事を参考にしてください。

4、売却活動レポート

2週間に1度、ソニー不動産から売却活動の報告レポートを受け取れます。売却活動レポートの内容は、次のとおり。

売却活動レポートの内容
  • レインズ図面ダウンロード数
  • 広告掲載状況
  • 競合物件の状況
  • 内見結果の詳細
  • エージェントのコメント

このように詳細な現状分析が行われるため、的確な売却戦略を提案してもらうことが可能です。

【4】購入希望者側と条件交渉を行い、売買契約をする

物件を気に入った人(購入希望者)がいた場合、ソニー不動産へ購入申込書が届きます。

この申込書には購入希望者の希望条件が書かれていますが、条件が売主の意向と異なることも多いです。そこでソニー不動産は、買主側の仲介会社と「条件交渉」を行います。

条件交渉が問題なく行えたら、売買契約を結びます。

【5】代金受領・物件の引き渡しを行う

売買契約を結んだら、次の流れで買主への不動産の引き渡しを行いましょう。

引き渡しの流れ
  1. 買主のローン承認
  2. 残代金受領日・引き渡し日の確定
  3. ローン完済手続き
  4. 引っ越し※
  5. 引き渡し
※引き渡し日の1週間前までに済ませる
やらなきゃいけないことが多いから、なんだか不安だわ・・・。
大丈夫。ソニー不動産のエージェントがしっかりサポートしてくれますよ。

別記事「★内部リンク予定」では、基礎知識として不動産売却の流れ・知っておくべきことを紹介しています。こちらもぜひ読んでみてくださいね。

ソニー不動産は売主目線で売却をサポート!でも他社との比較も必要

ソニー不動産は「片手仲介」なので、売主の立場から売却を進めてもらいやすいのがメリットです。囲い込みされる心配もないので、売却をスムーズに進められます。

東京・神奈川・千葉・埼玉に物件がある人は、検討してみましょう。

ただし不動産会社によって、査定額やサービス内容などは異なります。

自分に合った会社(担当者)に出会えるよう、「一括査定サイト」で複数の不動産会社を比較してみることもオススメします。

当サイトでは不動産売却の流れ・基礎知識なども紹介しているので、そちらも読んでみてください。

※記載の情報は2019年1月現在のものです。