マンション売却

マンションの売り時はいつ?需要・築年数から見極め、好条件で売却!

相続したマンションを売ろうか迷っています。古くなる前に高く売りたいのですが、時期によっては売れづらくなってしまうのでしょうか?

そもそも、マンションの売り時っていつなんですか?

マンションの売り時は築年数やシーズンなど、さまざまな視点から考えることができます。物件が少しでも高く、早く売れる時期を見極めましょう。
売り時なんて、考える必要あるのかなー?とりあえず売りに出して、購入者が決まるまで待てばいいんじゃね?
それは良くないです。

売れる時期を逃したり、売却を始めるのが早すぎたりすると、「高く売れない」「買い手がなかなか見つからない」などのデメリットが生じますよ。

この記事ではマンションの売り時の目安や築年数ごとの売れ方、売り時を見極めるべき理由について解説します。

マンションの売り時は『需要が高い時期』!早く・高く売りやすい

マンションの売り時は、購入者にとって物件の需要が高い時期。

購入希望者が多いほど、マンションを早く・高く売れる可能性が高まります。

マンションの需要が高いのは、主に次のような時期です。

マンションの売り時
  • 引っ越しシーズン(1~3月)
  • マンションのある地域で、再開発が行われる時期
  • 道路拡張や新設整備が行われる時期
  • 学校などが移転してくる時期

引っ越しシーズンは、年度の変わり目となる4月。そのため1~3月に購入者が多くなります。

引っ越しシーズンは4月なので、1月から3月がマンションの売り時

また地域によっては再開発や道路拡張などが行われたり、学校などが建ったりなどの発展があるため「そこを生活拠点にしたい」と考え転居してくる人もいます。

これらを踏まえたうえで、売却の流れや、買い手の行動(いつ物件を探し始めるのかなど)を予測し売却を始めましょう。

不動産売却の流れについては、別記事「不動産売却の流れを分かりやすく解説!」をご覧ください。

マンションの売り時には築年数も影響!築15年以内がオススメ

マンションの築年数も、価格に影響しそうな気がするなぁ。
基本的にマンションは、築年数が古いほど価値が下がります。
やっぱりそうなんですね。築何年までが売り時なんでしょうか?
マンションは築15年までに売るのがおすすめです。それ以降は価値が大幅に下がる傾向にあります。

また築年数が古いと、借り入れ期間の長い住宅ローンを組めない場合もあるんです。

築年数ごとのマンションの売れ方は、基本的に次のとおり。立地などの状況により異なる部分もあります。

マンションの築年数と売れ方
築年数 売れ方
築5年以内 ・新築に近い価格で売りやすい
・状況によっては新築時より価格が上がることも
築10年ほど ・あまり劣化していないので人気がある
・築5年超(長期譲渡所得)だとかかる税金が安い
・ライバル物件との価格競争が起きやすい
築15年ほど ・修繕費が高くなってくる
・これ以降は資産価値が下がりやすい
・購入希望者が少なくなる可能性がある
築25年 ・これを超えると住宅ローン控除※適用外となる
築30年ほど ・底値でしか売れない可能性大
・リフォームが必要な場合あり
住宅ローン控除(住宅借入金等特別控除)とは

住宅ローンを借りると、毎年一定額が所得税から控除される制度のこと。適用期間は原則10年間です。

新しいほど好条件で売却できると思ってましたが・・・築5年を超えたほうが、税金面でお得なんですね。
ええ。それぞれメリット・デメリットがあるので、家族や専門家などと話し合って決めるといいでしょう。

マンション売却と築年数の関係については、別記事「マンションの築年数は売却にどう影響する?価格の変動・注意点を解説」で詳しく解説しています。こちらも参考にしてください。

マンションの売り時を考えず売却すると生じるデメリット

マンションを早く売りたいなら、売り時なんて考えずにすぐ売却を始めるべきじゃないっすか?
売主や物件によほどの事情がなければ、売却時期はよく考えたほうがいいですよ。

売り時を見誤ると、次のようなデメリットが生じ余計に売りづらくなる恐れもあります。

売り時を考えずにマンションを売却するデメリット
  • 売れない期間が長くなり「売れ残り物件」というイメージがつく
  • なかなか売れず、希望より大幅に値下げしなければならなくなる

売り時を考えずマンションを売ると、売却価格が安くなったり、売れ残り物件のイメージがつきやすくなったりする恐れも

1つの物件が長期間売りに出されていると「売れない物件」と思われ、ますます買い手が見つかりづらくなります。

また本来は高く売れるはずの物件でも、需要の低い時期では売却が難しく、値下げしなければならない・・・という事態にもなりかねません。

「まだ売却するかどうかわからない」という方も、売り時は確認しておきましょう。売れるシーズンを逃さないよう、検討すべき時期を把握しておくのがオススメです。

マンション売却を検討するなら、査定で売却価格の目安を調べよう

マンションの売却時期を検討する際には、売り時だけでなく物件の価格相場も把握しておきましょう。

価格相場の調べ方は、次の2通りです。

マンションの価格相場を調べる方法
  • 不動産会社に査定※を依頼する
  • 自分で調べる

マンションの相場価格は、不動産会社に査定してもらうか、自分で調べることで把握できる

不動産の査定とは

売りたい物件がどれくらいで売れそうか、目安の金額(査定額)を算出してもらうこと。おおまかな金額を知ることができる「机上査定」と、正確性の高い「訪問査定」があります。

不動産会社による査定は基本的に無料。訪問査定の場合は立ち合いなどが必要ですが、調査は業者に任せられるため手間がかかりません。

不動産会社によってそれぞれ異なる強みがあり、どれくらい早く・高く売れるかも違います。

売り時だけでなく、媒介契約をする会社もしっかり選ぶことが重要です。

次の記事では、おすすめの一括査定サイトを紹介・比較。一括査定サイトを利用するメリット・デメリットや活用方法もお伝えしています。

査定は無料ですし、「査定したら売却しなければならない」というわけではありません。売るかどうか迷っている方でも、気軽に依頼できます。

「まだ不動産屋に依頼するのには、抵抗がある」という方は、自分でだいたいの相場を調べてみましょう。

次の記事では、スマホやパソコンで不動産の価格相場を調べる方法について説明しています。ぜひ参考にしてください。

マンションの売り時を見極めて、高く・早く売却しよう

マンションには売り時があるため、売却を始めるタイミング次第で「短い期間で売れるか」「どれくらいの値段で売れるか」が決まります。

引っ越しシーズンなどの購入者が多くなる時期を目安に、売却の準備をしておきましょう。

築年数だけで見ると、あまりに古い物件は高値で売れないため、築15年以内での売却がオススメです。

売り時を逃したり、急ぎすぎたりすると、売りづらくなってしまう恐れがあるので注意が必要です。

また売り時だけでなく、契約する不動産会社や売却価格、内覧で見たときの部屋の状態なども、マンション売却の結果に大きく影響します。

当サイトで紹介しているポイントも参考に、売却を進めていきましょう。

※記載の情報は2019年6月現在のものです。