がん保険
がん保険は掛け捨てと貯蓄型どちらが良い?自分に合うタイプの選び方

がん保険は掛け捨てと貯蓄型どちらが良い?自分に合うタイプの選び方

がん保険には掛け捨てタイプと貯蓄タイプがあります。どちらのがん保険に加入したら良いのか悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

がんの治療にはお金がかかることも多いので、将来のことをしっかりと考えて加入したいですよね。

どのタイプのがん保険に加入した方が良いのか特徴やメリット・デメリットを交えながら詳しく説明していきます。自分にあったがん保険を見つけてみましょう。

がん保険の掛け捨てと貯蓄型の違い

がん保険の掛け捨てタイプと貯蓄型タイプの違いは以下の通りです。主に保険料と解約返戻金に違いがあります。年齢によって保険料はどちらも変わっていきますが、保険料の額が一定か変動するのかがポイントです。

がん保険(掛け捨て型)の特徴

項目 定期型 終身型
保険料 更新の度に高くなる 低い
解約返戻金 なし ほとんどなし
保障期間 更新 一生涯保障

掛け捨てタイプでも型が定期型と終身型の2種類あり、自分のライフプランに合わせて選ぶことができます。解約返戻金はないですが、月々・年々の保険料が安く済みます。

定期型はどのくらいの年数で更新をするのですか?
一般的には5年・10年で更新するタイプが多いですね。更新のタイミングで保障を見直すと良いと言われています。

がん保険(貯蓄型)の特徴

項目 貯蓄型
保険料 掛け捨てタイプの終身型より数倍の保険料
解約返戻金 積立分が少し減額されるが戻ってくる
保障期間 一生涯保障

貯蓄タイプは積み立てられる分保険料が高くなります。ただし、解約返戻金が戻ってくるので保障が必要ないと感じたら解約してお金が戻ってくると考えることもできます。ただし解約の時期を見極める必要があります。早期に解約しないよう注意しましょう。

がん保険(掛け捨て)の「定期型」と「終身型」とは?

掛け捨てタイプには「定期型」と「終身型」があります。それぞれどのような特徴があるのか型ごとに説明します。

同じ掛け捨てタイプでも保障期間が異なるものがあるんですね!どちらを選択した方が良いのですか?
どちらもメリットとデメリットはあります。どちらが自分に向いた保障内容なのかそれぞれの特徴を確認してみましょう。

定期型は更新期間が決まっているタイプ

定期型は5年ほどで更新される期間が決まったタイプです。加入時は安い保険料で加入することができますが、年齢が高くなるにつれ保険料が高くなっていきます。

更新するタイプは更新できる限度の年齢が決まっている場合もあります。

また、保険料が上がると収入が減る高齢者は更新が困難になることもあるでしょう。しかし、定期型は期間が決まっているので見直しをしやすいという利点があります。

終身型は長期的な契約で保障が一生涯

終身型は定期型より保険料が高いですが、加入時と同じ保険料がずっと続きます。長期的に契約するのであれば支払う保険料が一定な終身型の方が割安になります。また、保障が一生涯続くのも安心です。

終身型にしておけば一生涯続きますが、定期的に見直しはした方が良いでしょう。

定期型より加入時は高く、見直しのタイミングを自分で決めなければません。しかし終身型にすれば更新による保険料の変動がないので、あせって保険の乗り換えをして失敗することもないでしょう。

割安で一生涯保障が続くことから終身型が一般的になっていますので、定期型と終身型どちらか迷ったら「終身型」を選ぶと良いでしょう。

がん保険「掛け捨てタイプ」のメリットとデメリットは?

保障部分のみの保険料を支払う掛け捨てタイプのメリットとデメリットは以下の通りです。

がん保険「掛け捨てタイプ」のメリット

  • 保険料が安い
  • 定期的な保険の見直しがしやすい
  • 積み立てがないのでいつ解約しても変わらない

がん保険「掛け捨てタイプ」のデメリット

  • 定期型は更新すると保険料が高くなっていく
  • 解約返戻金がほとんどない

とりあえずがんへの備えがしたい!という人はまずは安い掛け捨てタイプで加入するのも一つの方法です。

がん保険の新商品が登場して興味があるものであれば、見直しをすると良いでしょう。

がん保険「貯蓄型タイプ」のメリットとデメリットは?

保険料を積み立てていく貯蓄型タイプのメリットとデメリットは以下の通りです。

がん保険「貯蓄型タイプ」のメリット

  • 保障と同時に貯蓄ができる
  • 健康な状態でも中途で給付金がもらえるタイプもある

がん保険「貯蓄型タイプ」のデメリット

  • 保険料が高い
  • 積み立てすると解約にリスクがあるので見直しがしにくい
貯蓄型と掛け捨てでどちらを選ぶか迷っています。がん保険を検討するにはまず何をしたら良いですか?
まずはさまざまな保険会社でがん保険の話を聞いて設計書を作ってもらいましょう。時間がない人はまず来店型の保険ショップから行ってみると良いですね。

来店型保険ショップはさまざまな保険商品を扱っていますが取り扱っていない保険会社もあります。来店型保険ショップで取り扱っている商品以外に自分にあったものがあるかもしれないので保険会社の窓口にも行ってみましょう。

いつから入る?女性にあったがん保険の選び方

ライフプランによって合う保険は違いますが、「性別」によっても合うものが異なります。女性は若いうちからがんに罹るリスクがあるのです。女性で加入を検討している人は自分がどのようながんに罹るリスクがあり、その確率が高くなる時期はいつ頃か把握しておきましょう。

20代からがん発症?女性特有のがんがある

女性は「乳がん」「子宮がん」に発症する人は20代後半から増えていきます。

若いうちからがんを発症する可能性があるため、早期加入をオススメします。女性は安い掛け捨てタイプで、終身型が良いでしょう。

40代後半からも発症する確率が高くなるため、一生涯続く保障がオススメです。「女性疾病特約」をつけることができるがん保険であれば給付金を上乗せすることができます。

女性疾病特約は乳がん・子宮がんだけではなく、「妊娠」「帝王切開」や「流産」にも対応しています。絶対に必要というわけではありませんが、がん以外のものにも対応できるので今後子どもを考えている人は付けておいても良いでしょう。

貯蓄タイプ・掛け捨てタイプを選ぶ前に保障範囲もチェック

貯蓄と掛け捨てどちらにしようか考えて、保障内容をしっかり確認してなかったという事態にならないように気をつけてください。がんは初期段階で発見すると上皮内新生物の場合があります。

上皮内新生物とはなんですか?
上皮内新生物は上皮内にとどまったがん細胞であり、治療をすれば高確率で再発や悪化のリスクがなくなります。

保険商品によっては上皮内新生物が給付金支払いの対象外となる場合があります。

上皮内新生物は大腸や子宮に発症しやすいと言われているものです。初期状態のうちにしっかりと保障を備えて治療をしたいですよね。

悪性新生物になってしまうと他の部位に転移する確率が高くなってしまいます。さまざまな特約があります。費用を気にせず治療に専念できるよう、先進医療特約の付加も検討しておきましょう。

「通院特約」もがん治療にはあるとありがたい特約です。退院後も通院することは大いに考えられます。また、通院・入院問わず抗がん剤治療は基本的な治療方法なので「抗がん剤治療特約」も付加したい特約です。

大切なのは「がんを発症してどのような時に給付金が支払われるか」ということなので忘れないようにしましょう。

自分にあったがん保険を選び続けるために定期的な見直しを!

自分の年齢に合わせて加入してみましょう。若いうちは掛け捨てタイプ定期型の保険料の安いプランでも良いでしょう。家族ができて貯蓄型タイプに加入すればまとまったお金が必要な時でも解約することができます。

いずれにしても見直しをすることは大切です。保険は仕組改訂があるので、定期的にがん保険の商品をチェックしてみることをオススメします。

がん保険の種類ごとの特徴はわかったけど自分にあったものを選ぶのがむずかしい・・・。自分にあった保険を選ぶときのポイントはありますか?
特徴がわかっても自分に合うものがどれなのか理解しにくいですよね。以下のポイントを参考にして保険を探してみてください。
自分に合ったがん保険を選ぶ4つのポイント
  • 加入する年齢で考える
  • がん保険を利用して貯蓄する必要があるか
  • 既に加入している生命保険も確認
  • 使用目的がない万が一の時の貯蓄はあるか

「貯蓄をしっかりしている人は貯蓄型をあえて選ばなくても良い」「他に貯蓄型の生命保険に加入している」など考えることができます。自分の資産もチェックしてみることが大事です。

経済的な負担を考えて「がん保険」を選ぶ

最終的には金銭面のことを考えて保険に加入することになるでしょう。毎月の保険料を安く抑えたいのであれば「掛け捨てタイプ」の方が良いです。

貯蓄型を選んで、保険料の負担が大きければ解約してしまうと結局保障がなくなってしまします。しかし、子どもや配偶者がいる家庭の世帯主は「貯蓄型タイプ」に加入しておけば万が一の時に家族が安心することができます。

保険で貯蓄をすることは良いことですが、貯蓄の目的も考えておくと良いでしょう。

終身保険や養老保険のように積立保険に加入しているのであれば、メインの保険を重視してがん保険は3,000円以内に収めておくと生活費に支障が出ないのではないでしょうか。

メリットやデメリットを参考にしながら自分にあった保険を選んでください。