介護施設の種類

健康型有料老人ホームはホテルと変わらないサービスってホント?

健康型有料老人ホームは、その他の有料老人ホームとは一線を画した福祉施設です。

多くの有料老人ホームは、介護が必要か、近い将来介護が必要になりそうな高齢者を入居者として想定しています。しかし健康型有料老人ホームの入居対象は、「健康で自立した生活が可能な高齢者」となっています。

このページでは、健康型有料老人ホームの入居条件や、必要な費用などについて詳しく説明していきます。

健康型有料老人ホームって何?

有料老人ホームには、「住宅型有料老人ホーム」「介護付き有料老人ホーム」「健康型有料老人ホーム」の3種類があります。

その中の「健康型有料老人ホーム」は、介護が不要な自立した高齢者のための老人ホームです。体が不自由になった高齢者が入るのが一般的な、「住宅型」や「介護付き」の有料老人ホームとは、かなり趣が異なった有料老人ホームだと言えるでしょう。

健康型有料老人ホームは、健康な高齢者が利用する施設ですので、入居後に要介護になってしまうと、退去を求められることがあります。

いま健康でも、いつ体にガタがくるかわからんからのう。健康型有料老人ホームに入るのは危険じゃろうなあ……。
そうとも限りませんよ。健康型有料老人ホームの中には、要介護になった場合には介護用の居室に移動して住み続けられるシステムを作っているところもありますし、介護付き有料老人ホームが併設されているところもあります。
おお、それなら安心じゃなあ。
健康面の不安がある人が健康型有料老人ホームを選ぶときには、介護が必要になった場合のことも確認しておくと良いかもしれませんね。

健康型有料老人ホームの入居条件は?

健康型有料老人ホームに入居するには、以下の条件を満たす必要があります。

  • 60歳以上である。
  • 要支援や要介護認定を受けておらず、自立した生活が可能である。

健康型有料老人ホームは、あくまで健康な高齢者がシニアライフを楽しむための施設です。自分で身の回りの世話が難しいような状態の人は、基本的に入居できません。

また、この他にも施設が独自の入居基準を設けている場合があります。よくある条件は、「身元引受人がいる」「集団生活に問題がない」「一定の資産がある」「感染症に羅患していない」などです。

健康型有料老人ホームではどんなサービスを受けられる?

健康型有料老人ホームで受けられるサービスは、生活支援が主なものです。食事や洗濯、掃除などをやってもらえますので、家事に煩わされずに老後の生活を楽しむ事ができます。

また毎日の見回りで安否確認をしてもらえますし、緊急時には対応をしてくれます。さらに、多くの施設では定期的な健康診断がおこなわれ、入居者の健康維持に気が配られています。

生活支援と健康維持は、どのタイプの有料老人ホームでもやっています。健康型有料老人ホームでは、これら以外にイベントやサークル活動などを積極的におこなっています。

施設によっては旅行プログラムを組んでいることもありますし、老後を楽しく暮らすためのサポートがおこなわれています。

健康型有料老人ホームの費用

健康型有料老人ホームを利用する場合、「初期費用」と「月額費用」が発生します。

入居一時金

健康型有料老人ホームに居住する場合、初期費用として「入居一時金」が必要になります。入居一時金の金額は、「0円~数億円」まで施設によって異なります。

しかし健康型有料老人ホームでは、入居一時金が無い施設は珍しく、大抵の施設ではかなりまとまった額のお金が必要になります。

入居一時金ってことは、部屋の所有権を買えるってことじゃないんですよね?じゃあ、入ってすぐに死んじゃったら、数千万円か数億円がパーになっちゃうってことですか?
入居一時金は、入居者が死亡した場合は返ってきます。ただし、時間が経つにつれ償却されていきますので、一定期間住んだあとでは返ってくるお金は0円になります。また、償却される額などは施設により異なりますので契約書をよく確認してくださいね。

月額費用

有料老人ホームでは、「家賃」「食費」「管理費」「光熱費」などが毎月必要になります。ただし家賃については、先に入居一時金で支払っていれば、その分だけ安くなったり無料になったりします。

もしも介護が必要な場合は、外部の介護サービスを頼むことになります。そのサービス費用は自己負担です。そのため、仮に退去処分にならなかったとしても、要介護になった人が健康型有料老人ホームに住み続けるのは困難でしょう。

健康型有料老人ホームは珍しい?

健康型有料老人ホームは、有料老人ホームの中でも珍しいタイプです。じっさいに数も少なく、有料老人ホームの中で健康型が占める割合は「0.2%」ほどでしかありません。

そのため、自分の好きな健康型有料老人ホームを選ぶというのは難しく、時期によってはインターネットなどで調べても、募集がまったく見つからないことすらありえます。

健康型有料老人ホームを選ぶポイント

いくつかの健康型有料老人ホームから選択が可能な場合、以下の点に注意して決めるのが良いでしょう。

  • 施設の雰囲気。
  • 施設設備。
  • 費用。
  • 立地。

施設の職員の対応はどうなのか、施設に住んでいる人は楽しそうにしているか、など施設の雰囲気は重要です。

また、入居する人に合いそうかどうかも大事なポイントとなるでしょう。どんなに良い設備で、優れたスタッフがいたとしても、入居者と気が合わなければ楽しく暮らすことはできません。

結局、何を重視して健康型有料老人ホームを選ぶといいのかしら。
やはり入居する人が、楽しく暮らせるかどうかを考えるのがよいのではないでしょうか。その人が何を好むかによって、施設設備を重視するのか、催し物を重視するのかなど決まってくるでしょう。

健康型有料老人ホームとサ高住はどう違う?

健康型有料老人ホームと似た施設に「サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)」があります。

まず両者は管轄する省庁が違います。健康型有料老人ホームは「厚生労働省」の管轄ですが、サ高住は「国土交通省」が管轄しています。

大きく違うのが初期費用です。健康型有料老人ホームは高額な入居一時金が必要になりますが、サ高住では敷金程度のお金を用意するだけで入居が可能です。

また健康型有料老人ホームは、施設に居住する権利を買うという契約ですが、サ高住の場合は賃貸契約をして住居に住むという形になります。

※特集記事はコチラにあります。

金があるやつは健康型有料老人ホームで、金に余裕が無いならサ高住って考えでいいんですかね?
うーん、有料老人ホームとサ高住はだいぶ違うものですが、おおむねその考えでも良いかと思います。ただ付け加えるなら、人付き合いが好きなら有料老人ホームが良く、自由を求めるならサ高住の方が良い場合が多いでしょう。

要介護の扱いはどう違う?

健康型有料老人ホームでは、介護サービスがありませんし、要介護は退去を求められることがあります。サ高住でも、基本的には介護サービスはありませんし、介護が必要なら外部の介護サービスを頼むことになります。

ただしサ高住の場合、介護型サ高住というものがあります。介護型サ高住の場合、特定施設入居者生活介護の指定を受けており、手厚い介護を受けられます。

健康型有料老人ホームで退職後の人生を楽しもう

健康型有料老人ホームは、その他の高齢者向け福祉施設と違い健康な高齢者が入居対象となっています。そのため、施設に暮らす人も健康な人が多く、老後を楽しく暮らしやすい環境になっています。

また、施設の設備やイベントなども、入居者がアクテイブにシニアライフを楽しめるよう注力されています。

ただし健康型有料老人ホームは、初期費用としてかなり高額な入居一時金が必要なことも珍しくありません。ある程度資金に余裕が無いと、利用は難しいかもしれません。