介護施設の種類

ケアハウス(軽費老人ホーム)の費用はどのくらいかかる?

高齢になり、体の自由が効かなくなった場合は、福祉施設を利用するというのも1つの選択肢です。

いわゆる老人ホームと呼ばれる施設には、さまざまなものがあります。その中でもケアハウスは、比較的費用が安くすむため、有力な候補となるでしょう。

このページでは、ケアハウスにかかる費用について解説しています。

ケアハウスとは?

「ケアハウス」とは、食事や掃除などの生活援助を受けられる公的な福祉施設です。

ケアハウスには、健康な人が入る「一般型」と、要介護認定をされた人が入る「介護型」の2種類があります。

公的な福祉施設ってことは、ケアハウスは、国の援助があるお得な老人ホームってカンジですか?
そうですね。基本的には、そういう風に捉えておいて問題ないでしょう。

ケアハウスの概要については、以下のページで解説しています。

ケアハウス(軽費老人ホーム)の費用

ケアハウスにかかる費用を考える場合、「入居時必要な費用」と、「毎月必要な費用」の2つに分ける必要があります。

なるほど、初期費用と月額費用ってわけだな。一般型ってのと介護型ってのでは、違いは無いって考えてもいいんですかね?
いえ、一般型と介護型ではかかる費用が変わってきます。平均すると、介護型の方が必要な費用が高くなりますね。

初期費用の種類に要注意!敷金の場合は?

入居時にかかる費用が、どんな名目であるかはチェックする必要があります。初期費用が「敷金」である場合と、「入居一時金(前払金)」である場合があるのです。

初期費用が敷金である場合、一般型な賃貸物件の敷金と同じように扱われます。ケアハウスを出る時には、敷金は返還されます。

ただし入居者の責任によって、部屋に傷や汚れが生じていた場合は、敷金から原状回復費用が差し引かれます。

初期費用が敷金になるのは、おもに一般型ケアハウスです。介護型ケアハウスでは、入居一時金になるのが普通です。

初期費用が入居一時金の場合は?

初期費用が「入居一時金」の場合、いろいろと面倒な事が出てきます。

「入居一時金」とは、その施設に恒久的に住み続けられる、という権利を買うものです。入居期間に応じて、家賃として償却されます。

入居一時金は、簡単に言えば家賃の前払い金です。そのため、入居一時金が高額なら、その分だけ毎月支払う家賃は安くなります。

入居一時金は、入居期間が3ヶ月以内なら、日割りした家賃を除いて全額返還されます。しかし3ヶ月を超えてしまうと、初期償却がかかり、返ってくる金額が大きく減ります。

また、年齢や性別などから算出された、「想定居住期間」を超えて住み続けた場合、入居一時金は0円になります。

入居一時金が0円の施設と高額な施設ではどっちがお得?

入居一時金を設けていないケアハウスもありますし、2千万円を超えるような高額な入居一時金を設定してあるケアハウスもあります。

どちらが得かは、入居する期間によります。短期間だけ住む場合なら、入居一時金は安ければ安いほど得になります。逆に長期間住むなら、入居一時金を支払い、家賃を抑えた方がお得になります。

以下に簡略化した費用の比較表を載せておきます。

  • 入居一時金は、初期償却が「20%」で、償却期間が「120ヶ月」だと仮定します。
  • 入居一時金0円だと、月々の家賃は5万円と仮定します。
  • 入居一時金を600万円支払った場合、家賃が1万円になります。
入居時 1ヶ月 12ヶ月 120ヶ月 150ヶ月 240ヶ月
入居一時金0円 0円 5万円 60万円 600万円 750万円 1200万円
入居一時金600万円 600万円 601万円 612万円 720万円 750万円 840万円
一時金返還額 600万円 596万円 432万円 0円 0円 0円

150ヶ月目でそれぞれの支払総額が均衡し、それ以後は家賃の安い入居一時金を支払ったプランのほうがお得になります。

入居時の費用相場は?

入居時に必要な費用の相場は以下のようになります。

一般型 0~30万円
介護型 0~3000万円

一般型は、初期費用として高額を請求されることはほとんどありません。しかし介護型の場合、数百万以上の入居一時金が求められることもありえます。

3000万円……。そこまでいくと、民間の老人ホームと変わりないような気がするわ。
まあ、じっさいはそこまで高い入居一時金を求められる事はほとんどありませんよ。入居一時金を0円にしている施設もたくさんありますし。
やっぱり入居一時金が安いところを探すべきよね。
そうでもありませんよ。入居一時金を払えば家賃が安くなりますし、入居一時金が高額な施設は、設備や介護体制が非常に整っていることが多いんです。

月々の費用相場は?

ケアハウスでは、「家賃」「食費」「管理費」「光熱費」「その他雑費」がかかります。また、介護型の場合はさらに「介護費」がかかります。

どの項目にいくらくらいかかるかは、施設ごとの差が大きくなります。月々にかかる費用を合計すると、だいたい以下のようになります。

一般型 6~17万円
介護型 6~25万円

ケアハウスの介護サービス費は?

「介護サービス費」は、要介護度によって変わります。要介護度が高いほど費用も高くなります。

また理学療法士などが常勤している場合や、看護職員が健康状態をチェックしている場合、夜間介護体制が整っている場合などは、介護サービス費が増えます。

ケアハウスの介護サービス費には、介護保険を使えるのですかのう?
介護サービス費が一定額を超えた場合、介護保険を利用でき、それ以上の自己負担を無くせますよ。自己負担の限度額は、所得によって変わってきます。

ケアハウスは補助金を受けているからお得?

ケアハウスは公的施設で、国や自治体の補助を受けています。そのため、一般的には民間の老人ホームより費用が安くなっています。

ただし最近では、介護体制を万全に整えた介護型ケアハウスも増えてきています。そういうケアハウスは、高額な費用が必要な場合もあり、必ずしも民間の老人ホームより安いとは言い切れません。

お金がなかったらケアハウスっていう認識でもいいんですよね?
まあ基本的にはそうですね。ただ、自分が入るにしろ家族に入ってもらうにしろ、値段だけで考えてしまうのは問題だと思いますよ。満足感が得られる施設を利用したいですね。

ケアハウスの費用はタイプによって違う

ケアハウスの費用は、民間の老人ホームなどより安く抑えられています。しかし介護型ケアハウスの場合、高額な入居一時金が必要なケースもあります。

ただし入居一時金は、家賃として使われますので、初期投資と考えれば悪くないとも言えます。ケアハウスを終の棲家にする気でいるなら、入居一時金を払って、将来の資金的不安を解消しておくのも良いでしょう。