株式投資の勉強

株式投資で売買手数料はいくらかかる?相場と売買するときの注意点

株式投資を始めるためにはまず証券会社の口座を開設する必要があります。株の売買に必要な証券会社の口座は、どこも無料で開設できるため、ほとんど費用をかけずに株式投資を始められます。

口座を開設するだけならば、特にコストはかからないです。ただ、株の売買に関しては手数料がかかります。

株の売買手数料は、証券会社によってそれぞれ違います。できるだけコストを抑えて株式投資をしたいなら、売買手数料が安い証券会社を選びましょう。この記事では株の売買手数料について徹底解説します。

株の売買手数料とは?

株の売買手数料とは、株の購入や売却をする時に発生する手数料のことです。

手数料が高い証券会社を選ぶと、株取引のコストが高くなります。その反対で、手数料が安ければ、低コストな取引ができるようになります。

株の売買手数料は、基本的にどこも少額であることがほとんどです。そのため、売買の頻度が少ない投資家からすれば、どの証券会社を選んでもそれほど大きなコストとはならないでしょう。

しかし、デイトレードやスキャルピングのような、短期間のうちに何度も取引をするトレーダーの場合、売買の量に応じて売買手数料も高くなってしまうため、できるだけ手数料が安い証券会社を選ばないと取引コストが高くなります。

株の売買手数料ってのは、いくらなのかのう?
売買手数料は証券会社によってそれぞれ異なります。売買する金額によっても左右され、大きくなればなるほど、手数料は高くなるんですよ。

安い証券会社だと、100円から600円ほどになります。高い証券会社だと金額にもよりますが、1000円以上かかることもありますよ。

株式投資にまつわる手数料の仕組み

証券会社の仕事は、株の売買を仲介することです。売買手数料とは、この仲介に対する手数料となります。

売買手数料は株を購入する時のみならず、売却する時も発生します。

そのため、株を購入する時は、購入代金に売買手数料を加えた金額を払う必要があります。

その一方で、売却をする時は、売却代金から売買手数料を引いた金額を投資家は受け取ることになります。

最近はネット証券会社との競争もあってか、総合証券会社の手数料は昔と比べると安くなっています。そのため、以前と比較すると、現代の総合証券会社の売買手数料はとても良心的な数字です。

ただ、それでも総合証券会社の手数料は、まだまだネット証券会社と比較すると高いことが多いです。そのため、手数料が安い証券会社を探す時は、ネット証券会社を中心に探した方が良いでしょう。

なぜ総合証券会社の方が手数料が高いのかというと、それは総合証券会社は支店を運営するためのコストや、営業にかかるコストがネット証券会社と比べると高いからです。

コストが高い分、総合証券会社の方が売買手数料が高くなってしまいます。ただ、手数料が高い分、総合証券会社は手厚いサービスを提供してくれます。

手数料が高くなっても良いから、豊富な投資ができるようなサービスを提供して欲しいという方は、総合証券会社の方がネット証券よりもオススメとなります。

売買手数料はどのくらいかかる?

売買手数料は購入時と売却時の両方にかかります。

例えば1約定に対して300円の売買手数料がかかる証券会社の場合、株を購入した時にまず300円の手数料がかかります。次に、購入した株を売却した時に再び300円の手数料が発生します。

売買をする度に手数料が毎回発生するため、取引の量が増える毎に手数料も増えます。そのため、株の売買をする際には、売買手数料以上の利益が出ないと、たとえ株価が上がったとしても、赤字となります。

スキャルピングやデイトレードのような、1日に何度も取引をする投資家の場合、手数料が高くなりやすいため、取引すればするほど赤字になってしまう恐れがあります。

株の売買手数料は約定金額が高くなればなるほど、手数料も高くなる傾向があります。

例えば楽天証券の売買手数料は、5万円までなら50円ですが、10万円までだと90円、20万円までだと105円、50万円までだと250円といった具合に増えていきます。

100万円までの場合、売買手数料は487円となります。

このように、売買手数料は約定金額が高くなると、それに比例して高くなるので注意しましょう。

取引すればするほど手数料がかかるんですか。なら、普段は株の取引はやらない方がいいってことですか?
そうですね。手数料がかかるので、取引の回数は少ない方が良いです。ただ、何回も取引したい投資家向けの定額制もありますよ。定額制を利用すれば、一日に何度取引しても、手数料は安いままになります。

一日定額制とは?

売買手数料は本来、約定する毎に発生します。ただ、各証券会社が提案する一日定額制のコースを選択すると、余分な手数料を取られることなく、何度もトレードできるようになります。

一日定額制とは、取引の回数に関わらず、常に1日の手数料が定額になるという制度のことです。

例えば、手数料が1日あたり1000円の一日定額制のコースを選択すれば、1日のうちに何度も売買をしても、手数料は1日1000円までとなるため、節約しやすいです。

一日定額性は、あくまでデイトレードのような何回もトレードをしたい方向けの制度です。スイングトレードやポジショントレードのような、中長期メインの投資家からすると、かえって割高になる制度でもあります。

大手証券会社の売買手数料を比較

売買手数料は証券会社によってそれぞれ異なります。では、具体的にどのくらい違うのでしょうか?

大手証券会社である「ライブスター証券」と「GMOクリック証券」、「SBI証券」を参考に手数料を比較してみましょう。

ライブスター証券の手数料は、10万円まで86円、30万円まで194円、50万円まで194円、100万円まで367円となります。

GMOクリック証券は、10万円まで95円、30万円まで260円、50万円まで260円、100万円まで470円となります。

SBI証券は、10万円まで97円、30万円まで270円、50万円まで270円、100万円まで525円となります。

この3社を比較した場合、10万円までの売買ならば、ライブスター証券がもっとも安いです。それは100万円までの売買においても同様です。

ライブスター証券は、国内でも特に手数料が安い証券会社となるため、コストが安い証券会社を探している方には特にオススメできます。

そのほかGMOクリック証券やSBI証券も手数料の安い証券会社です。

株の売買手数料のまとめ

証券会社の口座は開設するだけならどこも無料です。ただし、株の売買に対しては手数料が発生します。

手数料は証券会社によってそれぞれ異なります。購入する時と売却する時、両方に売買手数料はかかるので、株の売買をする際には手数料はいくらになるのかも計算しましょう。

ライブスター証券のような、手数料が安い証券会社を利用すれば、コストを抑えて株の売買ができるので、節約になります。