株式投資の勉強

IPO投資とは?IPO株の仕組みとメリット・デメリットを解説

株は安い時に買い、高くなってから売れば利益を得ることができます。しかし、言葉にするのは簡単ですが、実際にこれを実践することは非常に難しいです。

株というのは大企業に投資をすれば儲かるというものではありません。確かに大企業に投資をすれば配当金は稼げるでしょうが、既に成長してしまった大企業の場合、これ以上の成長は見込めないことが多く、株も滅多に値上がりしないものです。

なにより、世の中には非常に多くの株が存在します。外国株も含めると、その数は膨大です。大量に存在する株の中で、将来の値上がりが期待できる株だけを見つけるのは至難の業です。

では、株の値上がりで儲けることは初心者ではできないのかというと、そんなことはありません。実は初心者でも簡単に儲けを出すことができる株が存在します。それがIPO株です。

今回は初心者でも稼ぎやすいIPO投資について、その仕組みやメリット、そしてデメリットなどを紹介します。

IPO投資とは?

IPOとは

投資におけるIPO(Initial Public Offering)とは、新規公開株のことです。

企業は、株を発行しただけでは資金を募ることはできません。発行した株を証券取引所に上場させ、売りに出すことで初めて投資家より資金を集めることができます。

このように株式市場に上場し、誰でも取引できるようになった株のことを新規公開株、つまりIPOと呼びます。

IPO投資では、新しく上場することになったIPO株を対象に取引をすることになります。

IPO投資では、抽選によって選ばれた一部の投資家のみに新規上場する株を買う権利を与えられます。この権利を有している投資家は、上場後の初値で株を売ることも可能です。IPO投資の醍醐味はここにあります。

上場前の安い段階で株を購入し、上場後の価格高騰後に株を売却することで利益を得る、それがIPO投資における手法となります。

ただ株を買って売却するだけで利益が出る、それもごく短い期間のうちに稼げるIPO投資は、たとえ投資経験のない初心者であっても簡単に始められる投資手法です。

IPOってそんな簡単に儲かるんだ!誰でも簡単にIPO株って買えるの?
IPO投資は誰でも簡単に始めることができます。ただ、買えるかどうかは抽選となりますので、運次第となりますね。確実にIPO株を購入したいなら、抽選回数が多い証券会社を利用すると良いですよ。

IPO投資の勝率は?

IPO投資は、非常に効率よく簡単に稼げる手法です。そのため、投資家からの人気が高い手法なのですが、一体どうしてそれほどまでに簡単に儲かるのでしょうか?一体どのような仕組みなのでしょう?

まず大前提なのですが、IPO株だからといって、必ずしも初値が公募価格よりも高くなるということはありません。時には外れることもあります。IPO投資はあくまで儲かりやすい手法というだけで、絶対に稼げる手法ではありません。

ただし、IPO株の初値が公募価格を下回ることは滅多になく、その可能性はとても低いです。

IPO株が上場すると、8割から9割の確率で初値が公募価格を上回ってくれるので、IPO株を公募価格で購入し、初値で売れば、ほぼ確実に利益を出すことができます。運が良い人だと、9割以上の確率でIPO投資で利益を出せるでしょう。

プロの投資家でも勝率は6割もあれば良い投資の世界において、勝率が8割から9割というのは圧倒的な数字です。それも、IPO投資で行う作業は買って売るだけの単純な作業だけとなるため、投資初心者でも始めやすいです。IPO投資ならば、テクニカル分析もファンダメンタルズ分析の知識も不要です。

IPO投資で負ける可能性は非常に低いのです。そのため、一点集中買いのような、極端な買い方をしない限り、そうそう負けません。

例えば、10種類のIPO株が存在するとした場合、この10種類のうち1社もしくは2社のIPO株が確率的に公募価格を下回る可能性があります。それならば、資産を10で分割し、それぞれのIPO株に均等に資産を配分して投資をすれば、リスクを分散することができます。

たとえ購入したIPO株の一つもしくは二つが公募割れをしたとしても、残り8割以上のIPO株の初値が公募価格を上回れば、十分に利益が獲れる計算となります。

IPO株だからといって必ずしも儲かるとは限りません。しかし、勝率の高いIPO株に投資をし続ければ、たとえ数回負けることがあったとしても、最終的に利益を残すことが可能なのです。

IPO投資の仕組みとは?

IPO投資は非常に勝率が高く、稼ぎやすい投資手法なのですが、なぜそこまで簡単に稼げるのでしょうか?

まずIPOについて、その仕組みを解説します。

IPOとは未上場の企業が、これから新しく上場することです。株式公開と上場の違いは、売買を自由にできるか否かにあります。

非上場の公開株の場合、その株を購入できる投資家は、自社関係者のみとなります。無関係の第三者が非上場の株を購入することはできないでしょう。

しかし、一旦上場すれば、投資家ならば誰でも自由に証券取引所を通じて株を売買できるようになります。

この新たに上場する予定の株こそが、IPO株となります。

企業が上場すると、資金調達が容易になります。まず、上場をし、株を売却することで、資金を調達することができます。

さらに、企業が上場すると、会社としての信用度が上がるため、銀行からの融資を受けやすくなるというメリットが上場にはあります。

他にも、知名度がアップするため、ビジネスで有利になるという利点が企業側にあります。

これらのメリットを受けるべく、企業は上場を果たすのですが、上場をする前にまず公募価格を決めることになります。

公募価格とは、これから新規に公開される株の価格のことです。投資家は、この公募価格で株を購入することになります。公募価格は企業の財務状況や将来性を鑑みて決定されます。そのため、企業によって公募価格はそれぞれ異なります。

公募価格が決まり、その価格で株が売り出されたら、いよいよ上場となります。上場後の公募取引によって決まる最初の株価のことを初値と呼びます。

この初値が公募価格よりも高くなれば、IPO投資は成功となります。初値で株を売却することで利益を稼ぐことができます。

そのため、初値が公募価格を下回ると、損となるのですが、そのような事態は基本的に滅多に起こらないです。

というのも、証券会社は公募価格を決める時、投資家が損をしないように公募価格を調整するからです。

証券会社は株の売れ残りの防止など、様々な思惑から公募価格を安くしてくれるので、IPO株の初値は公募価格を上回る傾向がとても高いのです。

もちろん、いくら証券会社が公募価格を安く設定したところで、上場企業の業績が悪化すれば株価は下落し、公募価格を下回ることもあるでしょう。

ただ、上場企業の業績に関する情報はすべて公開されており、値下がりの危険がある株は事前に回避することが可能です。

他方で、人気のある企業で、業績が良いともなると、公募価格が低い分、いざ上場すると急激な価格高騰が発生することがあります。IPO株の中には上場を果たすことで、株価が公募価格の2倍以上にまで上がることも稀にあります。

投資家が儲かるように証券会社が公募価格を設定してくれるなど、IPOは他の投資以上に儲かる仕組みが整っているため、初心者であってもIPO投資なら簡単に利益を得やすいのです。

IPO投資のメリットとデメリットとは?

上場直前の株を購入できるIPO投資は、他の投資手法以上に稼ぎやすいということで有名な投資手法です。

株に関する知識のない方でも、IPOならばそれほど苦労することなく株式投資で利益を得られるでしょう。

このように魅力に溢れるIPO投資ですが、メリットばかりではありません。デメリットも存在します。

IPO投資を始める際には、メリットだけでなく、デメリットや注意点にも配慮しましょう。

やっぱりデメリットもあるんだ。IPOで注意した方が良いことって何があるの?
そうですね。まずIPOに参加するためには、IPOを取り扱っている証券会社を利用する必要があります。証券会社を選ぶ際には取扱銘柄の数や、抽選方法などをよく調べておきましょう。IPOとの相性が良い証券会社を選ぶことが、IPO投資で成功するコツですよ。

IPO投資のメリットとは?

IPO投資のメリットというと、まずその勝率の高さにあります。

IPOは抽選にさえ当選すれば、ほぼ確実に儲かると言われるほど勝率の高い投資となります。

公募価格で株を購入し、初値で売ってしまえば、高い確率で値上がり分の利益を稼ぐことができます。まさにIPOとは、ローリスクハイリターンな投資となります。

IPOの勝率というと、だいたい80%から90%ほどです。運が悪くても、70%を超えるでしょう。欲を出さず、価格変動が起きる前の初値で売ってしまえば、IPO投資で負けることは滅多にないでしょう。

このように勝率の高い投資であることに加え、IPOは基本的に売買手数料がかからず、無料で始められるというメリットがあります。IPOはたとえ抽選に外れたとしても、手数料は特にかからないため、やっておいて損のない投資なのです。

IPOには他にも、株を長期保有することでより大きく儲けることができるチャンスがあるという利点があります。IPO株の中には、上場後に注目を集めることで、さらに株価が高騰することがあります。

このような価格高騰が起きた場合、売却のタイミングを遅らせることで、より大きく稼ぐことも可能です。

勝率が高く、手数料がかからず、大儲けできるチャンスがあるなど、IPO投資には投資家を魅了する様々なメリットがあります。

IPO投資のデメリットとリスクとは?

確実に稼ぎたい、そのような悩みを抱えている方にほど、IPO投資はオススメなのですが、ただIPOにはデメリットもあります。

IPOのデメリットというと、まず初値が公募価格を割るリスクがある点です。

確かに勝率の高いIPO投資ですが、100%確実に勝てるわけではありません。10%から20%の確率ですが、IPO株の初値が公募価格を割ってしまい、損が出る可能性があります。

もしもIPO株が公募割れを起こしてしまった場合、初値で売ると損失が確定します。かといって、その株を保有し続けると、さらに損失が拡大する恐れがあります。

このリスクを回避するためには、公募割れリスクのあるIPO株には投資をしないよう、注意を払う必要があります。

さらに、上場後のIPO株の株価は変動率が高く、株の売却のタイミングを間違えると損失が出る恐れがあります。

上場直後のIPO株は、世間から注目されているということもあってか、取引量が多く、上下に激しく動く傾向があります。この時、売り圧力が強くなると、せっかく初値が公募価格を上回ったとしても、すぐに株価が下落し、公募価格を下回ってしまう恐れがあります。

そのような事態を回避するためにも、上場したら、株価が下落する前にIPO株は売却した方が良いでしょう。

そして、これがIPO投資における最大のデメリットなのですが、IPO株は抽選で選ばれた人しか購入できず、必ずしもチャンスがあるとは限らないという欠点があります。

抽選は常にランダムになるため、絶対に選ばれるとは限りません。特に人気が高く、申込者が多いIPO株ほど、当選する可能性が低くなります。

公募割れする可能性がある、上場後は価格が激しく変動する、必ずしも当選するとは限らないなど、IPO投資には様々なデメリットがあるのです。

IPO投資の注意点

IPO投資には、稼ぎやすいというメリットとは別に、抽選制のため必ずしもIPO株を公募価格で購入できるとは限らないというデメリットを抱えています。たとえ当選しても、少ないながらも公募割れするリスクもあります。

これらのデメリットに対して、どのように対処するべきなのでしょうか?

まず抽選制についてですが、これは工夫次第では当選する確率を上げることができます。

当選する確率を上げたいなら、抽選回数が多い証券会社を選びましょう。抽選回数は証券会社によってそれぞれ異なります。抽選回数が1回しかない証券会社もあれば、申込金額が高いほど抽選回数が増えるなど、抽選回数を増やす手段がある証券会社もあります。

抽選回数の多い証券会社を選べば、IPO株を購入できる確率を上げることができるでしょう。

他にも、複数の証券会社の口座を開設し、それぞれの証券会社からIPO株の抽選に参加するという方法もあります。IPO投資ができる証券会社は一つではありません。複数の証券会社よりIPOに申し込むことで、抽選の回数を増やし、当選の確率を上げることができます。

ただ、あまりにも多くのIPOの抽選に応募をすると、抽選の数に応じて資金を拘束されてしまうので、注意しましょう。

資金を拘束されてしまうと、その資金を使って投資をすることができません。そうなると、IPO以外の金融商品に投資をし、儲けるチャンスを自ら潰してしまうことになります。

確かにIPOは誰でも簡単に参加できるのですが、応募し過ぎると資金が拘束され、動かせなくなります。このような事態を回避するためにも、IPOに応募する際には、いくらまでならばIPOの応募に資金を割けるのか、余剰資金をしっかりと計算しておきましょう。

IPO投資には他にも、購入時の手数料がかからないものの、売却時には手数料がかかるなどの注意点があります。

できるだけ低コストな取引をしたいなら、売却時の手数料が安い証券会社を選ぶことをオススメします。

IPO投資にオススメの証券会社を探しているのであれば、手数料が安く、抽選回数が多い証券会社を選びましょう。

当選する確率を上げることがIPO投資で利益を得るためのコツ!

IPO投資は、勝率が高く、投資を始めたばかりの初心者であっても簡単に稼げる投資手法です。特に投資に関する知識がなくても、IPO株を重点的に購入し、初値で売り続ければ、勝率が高いため、利益を順調に増やしていけるでしょう。

ただし、IPO投資にもデメリットはあります。IPO株を購入するためには、抽選に選ばれる必要があるため、当選しないとIPO株を購入できません。

IPO株の抽選で当選したいなら、抽選回数が多い証券会社を利用しましょう。

抽選回数を増やし、当選する確率を上げることが、IPO投資で利益を得るためのコツとなります。

IPOの抽選に何度落選しても、これといって特に費用はかかりません。落選してもお金がかからないばかりか、当選し、株を購入すれば、確実に利益を狙えるIPO投資は、まさに初心者にほどオススメの投資手法です。