株式投資の勉強
株の特定口座と一般口座の違いとは?それぞれの利用メリットを解説!

株の特定口座と一般口座の違いとは?それぞれの利用メリットを解説!

株式投資を始めるためには、株の取引をするための口座を開設する必要があります。

証券会社で開設できる口座は一般口座だけではありません。特定口座と呼ばれる口座も開設することができます。

この特定口座とは一体どのような口座なのでしょうか。開設することで発生するメリット・デメリットが気になりますよね。

今回は株式投資における特定口座の特徴とメリットやデメリットについて紹介します。

株式投資における特定口座とは?

特定口座とは、そもそもどのような口座のことを指すのでしょうか?

特定口座といっても、開設にあたって難しい手続きなどは存在しません。一般口座を作るような簡単な手続きで特定口座は開設できます。

まず特定口座には「源泉ありの特定口座」と「源泉なしの特定口座」の二種類があります。

  • 源泉ありの特定口座
  • 源泉なしの特定口座

このうち、源泉ありの特定口座を開設すると、証券会社が投資家の代わりに税金の計算を行い、納税の手続きをしてくれます。

そのため、源泉ありの特定口座を開設し、取引をすると、株式投資で利益が出ても確定申告の手続きが不要となり、簡単に株式投資を始められます。

次に源泉なしの特定口座の場合、1年間の取引の結果をまとめた「年間取引報告書」を証券会社が投資家の代わりに作成してくれます。確定申告をする際に、この「年間取引報告書」を提出することで、簡単に手続きを始められます。

特定口座では、投資家に代わって証券会社が損益を計算し、特定口座年間取引報告書を交付してくれるのです。

そればかりか、源泉ありの特定口座にいたっては納税の手続きまでしてくれるので、確定申告をする必要すらありません。

このように特定口座は投資家にとってメリットが多く、これといって特にデメリットがない口座です。そのため、株式投資を始める際には、特定口座の方がオススメとなります。

一般口座の方が簡単っぽいけど、実際は特定口座の方が良いってことね!
そうですね。普段は仕事が忙しくて確定申告に行く時間がないという方なら、なおさら特定口座の方がオススメですね。

特定口座と一般口座の違い

特定口座であろうと、一般口座であろうと、どちらでも株式投資を始められます。取引に関してこの二つの間にこれといった違いはなく、どちらもで問題なく株の売買ができるでしょう。

では、特定口座と一般口座との間にはどのような違いがあるのでしょうか?

特定口座と一般口座の違いは、主に税金の納め方となります。

たとえ特定口座でも、源泉なしの特定口座の場合、確定申告の手続きは自分でする必要があります。ただし、その場合であっても、手続きの内容が特定口座(源泉なし)の方が一般口座よりも簡単になります。

例えば一般口座を開設し、その口座を通じて株式投資を始め、投資による利益が生じた場合、自分で確定申告の手続きをすることになります。

この時、一般口座の場合、確定申告の手続きにあたって、税金の計算をすべて自分の手で行う必要があります。

要するに、1年間にわたって行われた全取引における利益と損失を計算し、いくら利益を得て、そしていくら税金を納めないといけないのかを、自分の手で計算しないといけないということです。

取引の数量が少ない方であれば、手続きに苦労することはないでしょう。しかし、デイトレードやスキャルピングのような、普段より大量の取引をしている投資家の場合、計算量が膨大になります。

一人で計算しようと思ったら、労働と呼べるほどの作業をすることになるでしょう。しかし、特定口座ならば、そのような面倒な計算の作業が不要になります。

まず源泉なしの特定口座の場合、証券会社もしくは銀行が年間取引報告書を作成してくれます。

この報告書には、この一年間における取引の記録が記載されていますので、この報告書を用いればわざわざ自分で計算する手間がなく、簡単に確定申告の手続きを完了させることができます。

このように特定口座を利用すると、税金の計算にあたって本来であれば必要な面倒な計算の作業が不要になります。

そればかりか、源泉ありの特定口座の場合、証券会社もしくは銀行が代わって税金を納めてくれるので、確定申告の手続きすら不要になります。

このように特定口座を利用すると、一般口座と違って税金を納めるための手続きが簡素化されるため、面倒がありません。

特定口座にはメリットしかないように感じられるんだけど、デメリットってあるのかしら?
ええ。残念ながら特定口座にはメリットもデメリットもあります。詳しく解説していきますね。

特定口座のメリットとデメリット

特定口座のメリットは、税金を納める手続きが簡単になることです。

「源泉なしの特定口座」ならば特定口座年間取引報告書を提出するだけで、簡単に確定申告ができます。

「源泉ありの特定口座」ならば、証券会社などが投資家に代わって税金を納めてくれるので、確定申告の手続きそのものが不要になります。

株式投資を通じて利益を得ると、本来であれば毎年確定申告の手続きを行わないといけません。

しかし、特定口座を利用すれば、面倒な税の手続きが簡単になります。そうなると、いちいち確定申告の手続きに関わる必要がなくなるため、常に株式投資に専念することができます。

では特定口座にデメリットはないのでしょうか?

まず源泉ありの特定口座のデメリットですが、源泉ありということは、利益が出るとその都度必ず税金分の利益を引かれることになるため、税金分の利益を再投資に回せないというデメリットがあります。

仮に税率が20%とした場合、株式投資で10万円の利益を得ると、そのうち2万円が税金として引かれ、残り8万円が口座に残ることになります。

利確したら即税金徴収ってことね!世知辛いわ~。
常に税額分の利益が引かれることになるため、源泉ありの特定口座だと思ったように資産を増やすことができないというデメリットがあります。

このデメリットは、源泉なしの特定口座ならば回避することができます。源泉なしの特定口座の場合、10万円の利益が出れば、そのまま10万円の利益を丸まる再投資に回すことができるため、複利効果の恩恵を受けやすいです。

ただし、源泉なしとなるため、確定申告の手続きは自分でやらないといけなくなります。

さらに、投資による利益が増えると、国民健康保険の金額も高くなるなどのデメリットが付随して生じます。同時に、扶養から外れることになります。

ちなみに、源泉ありの特定口座の場合、確定申告が不要になるので、扶養から外れることはありません。さらに、国民健康保険の金額も、源泉ありの特定口座ならば上がらないです。

このような事情もあってか、確定申告をすると扶養から外れるため、扶養のままでいたい場合は確定申告がない源泉ありの特定口座がオススメとなります。

一般口座のメリットとデメリット

一般口座は特定口座と違い、株式投資における取引の結果をすべて自分で計算しないといけません。

そのため、税金を納めるための手続きが非常に面倒です。証券会社が投資家の代わりに1年間の取引結果の計算をしてくれる特定口座を選んだ方が、手続きの面では遥かに簡単です。

もちろん、一般口座の場合、源泉がありませんので、株式投資で利益が出たとしても、税金を引かれることなくそのまま再投資にまわすことができます。ただ、それは源泉なしの特定口座も同様のため、一般口座特有のメリットというわけではありません。

むしろ手続きが簡単な分、源泉なしの特定口座の方が優位性があるくらいです。

このように、一般口座は特定口座と比較すると、デメリットばかりが目につきます。果たして一般口座にメリットはあるのでしょうか?

結論から述べると、一般口座にはメリットらしいメリットはほとんどありません。投資で得た利益を全額再投資に回したいのであれば、源泉なしの特定口座を使用すれば良いだけの話です。

特に理由がないのであれば、株式投資を始める際には特定口座を選んだ方が良いでしょう。

源泉徴収ありで税金を払いすぎてしまった場合

源泉ありの特定口座の場合、投資で利益が出ると、そのまま税金を引かれてしまいます。そのため、人によっては税金を払いすぎてしまうケースが存在します。

源泉ありの特定口座の場合、利益が出ると所得税と住民税が引かれます。所得控除を受けられる方の場合、源泉徴収時に所得税を払いすぎてしまう可能性があるということです。

例えば株式投資以外の収入源がない専業主婦の場合、38万円の基礎控除を受けることができます。このケースの場合、38万円以内であれば、株式投資で利益を得たとしても、所得税がかからなくなります。

仮に株式投資で得た利益が20万円ならば、基礎控除の範囲内となるため、本来であれば課税所得は0円となります。

しかし、源泉ありの特定口座の場合、基礎控除の有無に関わらず、一律に所得税と住民税を引くことになります。つまり、本来であれば払う必要のない税金を払っているということです。

え~!必要以上に税金を支払った場合はどうすれば良いんですか?
余分に税金を払ってしまった場合は、確定申告を行いましょう。確定申告を行うと、払い過ぎた税金を還付金として取り戻すことができます。

初心者にオススメの口座

株式投資の口座は、一般口座と特定口座の二種類に分けることができます。この特定口座も、「源泉ありの特定口座」と、「源泉なしの特定口座」の二つに分けることができます。

「一般口座」と「源泉ありの特定口座」、「源泉なしの特定口座」の3つのうち、初心者にもっともオススメできる口座というと、それは「源泉ありの特定口座」となります。

源泉ありの特定口座なら確定申告しないで済むから簡単そうね。
そうですね。源泉なしの特定口座も一般口座と比べると手続きは簡単ですが、それでも確定申告は必須です。お手軽に株式投資を始めたいなら、源泉ありの特定口座が一番簡単です。

特定口座がオススメされる理由

これから初めて株式投資を始める初心者の方の場合、「源泉ありの特定口座」がオススメです。その理由は、簡単だからです。

確かに源泉なしの特定口座ならば、税金を引かれることなく、利益を全額再投資に回すことができるので、より高い複利効果を狙えるなどのメリットがあります。

ただそのような投資のテクニックは、中級者以上になってから実践すれば良く、初心者のうちから実践してみる必要はありません。

初心者のうちは、どうすれば株式投資で利益を得ることができるのかを集中して学んだ方が良く、それ以外についてはあまり考えない方が良いです。

そもそもなぜ株式投資を始めるのかといえば、株式投資を通じて資産を増やすためです。この資産を増やす方法を学ぶ前に、確定申告の知識など別のことを学ぼうとすると、集中力が分散され、覚えるべきことを覚えられないなどの弊害が出る恐れがあります。

源泉なしの特定口座は、株式投資で儲ける方法を学んでから使用すればよく、それまでは手続きが少ない源泉ありの特定口座を利用した方が良いでしょう。

ちなみに、現在は専業主婦で、扶養を受けている方の場合は、確定申告がない源泉ありの特定口座がオススメとなります。というのも、源泉なしの特定口座を選択し、確定申告をすると、扶養を外れることになるからです。

しかし、確定申告が不要な源泉ありの特定口座ならば、確定申告をしないので、扶養から外れる心配がありません。

扶養を外したくないのであれば、源泉ありの特定口座を選択しましょう。

源泉徴収のあり/なしは切り替えられる?

証券会社の口座を開設する時に、「源泉徴収のあり/なし」を選択することになるのですが、この選択は口座開設以降であっても変更することができるのでしょうか?

たとえ口座を開設した後であっても、特定口座の「源泉徴収のあり/なし」は変更することができます。

そのため、最初は源泉ありの特定口座で取引をし、経験を積んでから源泉なしの特定口座に変更することも可能です。ただし、変更はいつでもできるわけではないので注意しましょう。

「源泉徴収のあり/なし」を変更する場合は、1月1日以降における、最初の売買を行うまでとなります。

そのため、まだ取引をしていない状態であれば、いつでも源泉徴収のあり/なしは変更可能となります。他方で、既に取引をしてしまった場合は、変更は翌年の1月1日まで待つことになります。

株式投資を始めるなら特定口座の利用がおすすめ

これから株式投資を始めるにあたり、どの口座にするかで悩んでいるのであれば、特定口座がオススメとなります。

特定口座ならば、面倒な計算の手続きが不要になります。特に源泉ありの特定口座ならば、確定申告の手続きまでも不要になりますので、税金を納めるための手続きが簡素化されます。

余計な手続きを省き、集中して株式投資をしたいという方にほど、源泉ありの特定口座がオススメになります。ただ、株式投資のやり方に慣れてきて、もっと高い利益を狙いたいという時は、源泉なしの特定口座に変更してみましょう。

源泉なしの特定口座ならば、投資による利益を全額再投資に回せるので、より多くの利益を狙うことができます。

源泉ありの特定口座と源泉なしの特定口座にはそれぞれ一長一短がありますが、どちらも確定申告の手続きが簡単になることに相違はありません。

株の口座を作る際には、一般口座よりも特定口座を選びましょう。