投資信託の始め方

投信工房(松井証券)ならNISAで積立も可能!特徴と機能を解説

将来に備えて資産運用を始めたいけれど「自分で投資先を選ぶのは怖い」「どの銘柄を選べば良いのかわからない」。そのような悩みを抱えている方にほど、ロボアドバイザーはオススメです。

投資のやり方やコツ、銘柄の選び方などを知らないまま投資を始めると、資産を増やすどころか減らしてしまう恐れがあります。

しかしロボアドバイザーを利用すれば、難しい用語の勉強や毎日経済ニュースをチェックすることなく、最初からプロ同様の手法で資産運用を始めることができます。

松井証券の投信工房も、そんなロボアドバイザーのサービスの一つです。

投信工房とは一体どのようなサービスなのか、ほかのロボアドバイザーとはどう違うのか、その特徴について徹底解説します。

松井証券「投信工房」のサービス内容

投信工房とは、証券会社の大手である松井証券が提供しているロボアドバイザーのサービスです。

投資信託といっても、銘柄はとても多く、中にはリターンが期待できない銘柄もあります。経験豊富な投資家ならば、利回りの良い有望な銘柄だけに絞った効率的な投資ができますが、投資初心者にはむずかしいもの。

投信工房を利用すると、たとえ初心者であってもプロと同じ方法でポートフォリオを組んだ状態で資産運用を始められます。

投信工房って、ロボアドバイザーなんですね。ロボットって人と違って信頼できないっつーか。なんか心配なんだよな。
ロボットだからこそ人の思惑に左右されず、客観的な運用ができるという理由でロボアドバイザーを選ぶ人もいます。感情に影響されないで、精確に素早い提案をしてくれる点を評価しているんですね。

投信工房の基本情報

投信工房の基本情報は、以下のようになります。

運営会社 松井証券
サービス開始時期 2016年11月
最低投資金額 100円
利用料・手数料 信託報酬のみ
積立投資の可・不可 可能

投信工房を利用するための手数料は無料となりますので、基本はノーコストです。

また通常、投資信託を購入すると信託報酬が発生するのですが、投信工房で取り扱っている投資信託は購入手数料無料のノーロードのみ。そのため信託報酬以外のコストは基本的にかからずに済みます。

100円から積立であり、少額からでも資産運用を始められるのが特徴です。

投信工房はアドバイス型のロボアドバイザー

ロボアドバイザーは大きく次の2種類に分けることができます。

  • 投資一任型
  • アドバイス型

投信工房は「アドバイス型」に分類されます。2種類の型の違いは「資産運用をロボアドバイザーに任せる範囲」にあります。

投資一任型のロボアドバイザーの特徴

ポートフォリオの提案から実際の買付、さらにはリバランスまで、資産運用にかかる全ての作業を行ってくれます。

一旦入金し、ポートフォリオが出来上がった最後、その後の運用はすべてロボアドバイザー任せとなります。

アドバイス型のロボアドバイザーの特徴

アドバイス型の場合、ポートフォリオの提案などのアドバイスまではしてくれますが、その後の実際の運用はユーザー本人がやることになります。

そのためユーザー側の裁量が多く、自由に取引できるというメリットがあります。反していちいちリバランスの作業をしなければならず、面倒だというデメリットがあります。

もっとも投信工房のように自動積立のサービスがあるロボアドバイザーの場合、一旦ポートフォリオを組んだら、あとは自動積立に任せるだけなので、どちらにしろやることはほとんどありません。

本来アドバイス型だとリバランスをユーザー本人がやらないといけないため、投資一任型と比べると面倒が多いです。しかし投信工房に関して言えば、リバランス積立などの自動サービスが多いので、投資一任型と同様の感覚で資産運用ができます。

投信工房にはポートフォリオの資産配分が崩れないように、積立の購入金額を調整してくれるリバランス積立のサービスがあります。

もしも価格変動が起きてポートフォリオの比率に乱れが生じた場合、投信工房が購入金額を調整してくれます。いちいち手動で操作する必要なしに購入金額を適切に調整できるのです。

投信工房の提案が気に入らず、よりハイリスクでハイリターンな投資をしたいという場合は、本人の意思を反映させ、配分比率を変更したり、投資信託を入れ替えて自由にリバランスをすることもできます。

普段の運用は投信工房に任せつつ、適時自分で好きなようにポートフォリオをカスタマイズできるというのも、投信工房の強みです。

投信工房はなぜ無料?他にかかるコストは

投信工房が無料で利用できるのは、人件費がかからないからです。

まずロボアドバイザーのサービスの一つであるポートフォリオの提案についてですが、このサービスはAIが自動的にやっているので、人件費はかかりません。

それに加え、投信工房はアドバイス型のロボアドバイザーとなるため、実際の運用についてはノータッチです。つまり、ここでも人件費がかからないということです。

人件費がかからないサービスとなるため、投信工房は常に無料でサービスを提供できるのです。

それにプラスして、投信工房で扱われている松井証券の投資信託は、すべてノーロード、つまり購入手数料が無料の銘柄となります。そのため、投信工房を利用する場合、信託報酬以外のコストについてはほとんどかからず、無料も同然で資産運用を始められるのです。

余計なお金をかけずにロボアドバイザーのサービスを利用して、資産運用ができる、それが投信工房の強みです。

投信工房の特徴とデメリットを解説

投資って何だか面倒そうだから、できれば全部一任したいのですけど、投信工房は資産運用の作業をどこまでやってくれるのですか?
投信工房にはリバランス積立と自動リバランスのサービスがあるので、一旦設定が完了すれば、ほとんどの作業を一任できますよ。
投信工房の特徴
  • 豊富な自動サービス
  • 手数料無料
  • 少額から積立可能

投信工房は、アドバイス型のロボアドバイザーでありながら、リバランス積立や自動リバランスなど、自動サービスが多く搭載されているという特徴があります。

ただでさえ手数料が無料というメリットに加え、自動サービスが多い投信工房は、投資一任型よりもメリットの多いロボアドバイザーとなります。

さらに投信工房は最低投資額100円のため、少額からの資産運用が可能です。

資産運用を始めたいけれど、余剰資金が足りず、なかなかできないという方でも、投信工房ならばわずかな金額から資産運用を始められるので、気軽に利用できます。

コストが安く100円からでも始められる投信工房は、初心者でも利用しやすいロボアドバイザーです。

投信工房の自動調整機能「リバランス積立」とは?

投信工房のリバランス積立とは、あらかじめ設定したポートフォリオの比率を目指し、資産配分を自動調整してくれる機能です。

もしもこの機能を使用せず、常に同比率のまま分散投資を継続すると、価格変動に巻き込まれるとポートフォリオの比率が当初目指していた数値からかけ離れてしまう恐れがあります。

しかしリバランス積立を利用すると、運用商品の価格変動に合わせて、資産の配分を変更し、ポートフォリオ通りになるように調整してくれます。

自分でいちいち配分を変更する必要がないので、忙しい方でもお手軽に運用ができます。

投信工房でNISAやつみたてNISAは利用可能?

投信工房は「アドバイス型のロボアドバイザー」のため、NISAを利用できます。

投信工房のデメリットは?

投信工房のメリットというと、まず少額から積立できる、リバランス機能が豊富、手数料が無料などの利点がありました。

他方で投信工房のデメリットは次の2つが挙げられます。

投信工房の2つのデメリット
  • 全自動ではない
  • 信託報酬がかかる

投信工房のデメリットというと、まず全自動ではないという欠点があります。アドバイス型のロボアドバイザーのため、これは仕方がありません。

ただ、投信工房には現在、リバランス積立とは別に、定期的にリバランスを行ってくれる自動リバランス機能が搭載されています。(2018年9月2日時点)

そのため、アドバイス型ならではの弱点であるリバランスができないという欠点が、投信工房にはありません。

投信工房と他のロボアドバイザーとの違いは?

投信工房はアドバイス型のロボアドバイザーとなるため、リバランスなどの機能はありませんでした。しかし現在はリバランスの機能が搭載されているおり、リバランス積立のサービスと併用して利用すると、投資一任型のロボアドバイザーと遜色のないサービスを提供しています。

単純に機能だけに注目するのであれば、積立からリバランスまで出来る投信工房は、アドバイス型と投資一任型のロボアドバイザーの良い特徴だけを兼ね備えている、優れたロボアドバイザーとなります。

投信工房を利用するにあたって

投信工房を利用するにあたり、まず口座を開設する必要があります。松井証券の口座を開設しましょう。

投信工房ってスマホでも利用できますか?
スマホでも利用可能ですよ。アプリをインストールしておけば、投信工房のサービスをスマホですべて利用できます。

口座開設の流れと必要書類は?

投信工房を利用するにあたり、まず松井証券の口座を開設する必要があります。

  1. 口座開設の申込
  2. 申込者の情報を入力後、本人確認書類を送付
  3. 送付作業が終了後、審査が行われる
  4. 審査が完了すると、口座開設完了を知らせる通知が届く

口座開設の通知を受け取ってはじめて口座開設完了となります。

この手続きにかかる日数は、だいたい数日から1週間ほどとなります。口座が開設できれば、すぐにでも投信工房を利用できます。

申込に不備があると、審査が遅れる可能性がありますので、有効期限が切れていない本人確認書類を用意しておきましょう。

口座開設に必要な書類とは、運転免許証などの本人確認書類と、マイナンバーの2点です。必ず、マイナンバーと本人確認書類を用意しておいてください。

必要な書類がすべて揃っており、審査が滞りなく進めば、1週間もあれば投信工房を利用できるでしょう。早ければ、最短で4営業日以内に利用できます。

松井証券の口座がある場合、すぐに投信工房を利用できる?

既に松井証券の口座を持っている場合、投資信託用の口座を開設する必要があります。この口座は、マイページより開設できます。

電子開設の承諾と必要書面の確認作業だけで、投資信託用の口座を開設できます。この口座が開設され次第、すぐに投信工房を利用できます。

松井証券への入出金のやり方

松井証券の入金方法は3種類あります。

入金方法
  • ネットリンク入金
  • らくらく振替入金
  • 銀行振込入金

ネットリンク入金を利用すると、リアルタイムで振込入金ができます。

出金をする場合、出金先の金融機関をまず登録します。次に、出金依頼を出すと、指定されている金融機関に出金できます。

出金申請をした場合、各金融機関の手続きに合わせて口座へと出金されるため、いつ結果が反映されるかは金融機関によってそれぞれ異なります。

100円から始めれるアドバイス型ロボアドバイザー「投信工房」を利用してみよう

投信工房は、松井証券が提供するロボアドバイザーです。

アドバイス型のロボアドバイザーとなります。ただし、リバランス積立と自動リバランスの両方のサービスを併用することで、投資一任型のロボアドバイザー同様に、資産運用の作業のほとんどを自動化させることができます。

投信工房は、投資一任型と違って手数料が無料となるため、通常の投資一任型ロボアドバイザーよりも低コストな運用が可能です。それに加え、100円からの運用が可能などの特徴を備えています。

投信工房を利用するためには、まず松井証券の口座を開設しましょう。スマホアプリがあるので、パソコンがない方でも、スマホさえあれば問題なく投信工房を利用できます。