株式投資の勉強

サラリーマンでも株はできる!副業にならない理由とおすすめ投資手法

子供の教育費や老後の資金など、これからの人生においてお金が必要になることは何度もあるでしょう。老後に必要な資金は3000万円だとよく言われますが、豊かな生活を送ろうと思うのであればさらに多くのお金が必要になるでしょう。

ただ、いくらお金が欲しくても、収入源が一つしかないとなかなか資産を形成できないものです。株式投資を始めれば、老後に備えて資産を若いうちに形成することができるでしょう。

会社員や公務員が株式投資を始めても問題はないのでしょうか?デメリットは無いのでしょうか?

今回は会社員や公務員の方が副業で株式投資を始めるにあたっての注意点や、兼業で投資をする方のための方法を紹介します。

株式投資は副業になるのか?

副業とは、本業とは別の収入が得られる仕事のことを指します。兼業の仕事やサイドビジネスも、本業とは別の仕事となるため、副業として扱われます。

アルバイトや在宅の仕事なども、本業があるのであればそれは副業となります。ただ、仕事と違って株式投資の場合、必ずしも利益が発生するわけではないのですが、果たして株式投資は副業になるのでしょうか?

株式投資は、厳密に定義するのであれば副業ではありません。

そもそも日本の法律は副業を禁止していません。副業をしたとしても、日本の法律で罪に問われる心配はありません。副業が問題になるのは、主に就業規則との関わりにおいてです。

例えば、株式投資を就業規則で禁止にしている企業に勤めている場合、たとえ株は副業ではないといえど、株の売買はできません。

株の取引きが禁止されている企業というと、証券会社が多いです。これは部署にもよりますが、証券会社の場合は従業員に対して株の短期売買を禁止していることが多いです。

このような就業規則で禁止されているような場合を除けば、株式投資を会社員が始めても問題はないでしょう。

株が副業ではないなら、副業禁止の会社でも株なら大丈夫ってことですか?
そうですね。会社の事情にもよりますが、副業禁止の会社でも株式投資は認めてくれる会社は多いですよ。わからない場合は、直接会社に聞いた方が良いですね。
いろいろ聞かれんのもめんどいし、株をやっていることは会社にバレたくないわ~。
株の取引は禁止されいるわけではありませんが、余計なトラブルを回避するためにも内緒にする人が多いかもしれませんね。「株は副業にならない!バレたくない人向けの注意点とおすすめの始め方」では、注意点を取り上げています。あわせて参考にしてくださいね。

公務員も株式投資はできるのか?

会社員同様に、公務員に関しても株の一般的な取引を禁止する法はありません。特別な事情が無い限り、公務員であっても株式投資はできます。

公務員が副業をする場合、本来であれば任命権者の許可が必要となります。任命権者の許可さえあれば、副業は問題なく行えます。

株に関して言うと、この任命権者の許可さえ必要なく行えるとのことです。ただ、不安がある場合はやはり直接聞いておいた方が良いでしょう。

仕事中に株のデイトレードをするなどの問題行動を起こさない限り、公務員であっても株式投資を始められます。

会社員にオススメの投資方法とは?

株式投資をはじめても、投資で利益を得ることができなければ意味がありません。一体どうやって投資をすれば、会社員であっても利益を得ることができるのでしょう?

会社員にオススメの投資方法は、配当金や優待狙いの長期投資です。

長期投資をする場合、配当金や優待が良い会社で、尚且つ大企業のような将来が安定している企業を対象に株を購入することになります。

将来が安泰な大企業に投資をしつつ、配当金をもらうことで、時間をかけてじっくりとインカムゲインで稼ぐことができます。

長期投資の次にオススメの投資方法というと、スイングトレードやポジショントレードのような、中長期にわたって株を保有する投資方法があります。

スイングトレードの場合、数日から数週間にわたって株を保有することになります。ポジショントレードの場合、数週間から数ヶ月にわたって株を保有することが多いです。

デイトレードのような短期売買と違い、スイングトレードやポジショントレードならば、日に1回のペースで株価をチェックすれば良いので、24時間常に株の動向を見守る必要がありません。

普段は仕事で忙しいという方であっても出来る投資方法となります。ただ、株価に惑わされることなく、長期スパンで確実に利益を増やしたいと思うなら、やはり配当金で稼げる長期投資がもっともオススメとなるでしょう。

副業として株を始めるなら就業規則を確認

副業として株を始める場合、法律においては特に問題はないです。ただし、会社の就業規則によっては、株の取引きを禁止している場合があります。会社員が副業として株を始める場合、まず就業規則に違反していないかを確認しましょう。

たとえ就業規則に問題がなくても、株をやっていることを内緒にして投資をしたいという会社員の方もいるでしょう。その場合、確定申告の際に住民税を自分で納付すると申告しましょう。自分で納付している限り、会社にバレる心配はありません。

副業として株を始めたら、デイトレードのような短期売買は避けましょう。長期投資のような、時間をかけてじっくりと資産を形成する手法がオススメです。