住宅ローンの基礎知識

住宅ローンを借りる前に必要な手付金。注文住宅の場合はいくら必要?

注文住宅の購入を検討しはじめた方なら、ハウスメーカーや工務店におうちづくりの気になるあれこれを聞いて回っているかと思います。あこがれのマイホーム、夢がふくらみますよね!

しかし、いざ住宅を購入するぞ!といった契約段階に入ったとき、いろいろなお金が必要となることがわかります。手付金や頭金、諸費用、そして住宅ローン。想像している以上にお金が必要になることも。特に現金で用意しなければならないことも多いようです。

さて今回は、住宅を契約する段階で必要になるお金の中でも「手付金」について。手付金は

  • いつ・いくらくらい必要なのか?
  • 本当に戻ってくるのか?

などといった疑問にお答えしていきます。

手付金ってどんな費用?住宅ローンの前に必要な理由も解説

一般的に手付金とは、契約を申し込む意思を表示するために支払うお金のこと。契約後は返還される場合やそのまま商品代として充当される場合が多いようです。

ここでは住宅の購入時における手付金について説明していきたいと思います。

手付金ってなに?住宅ローンの頭金とはどう違うの?

手付金とは、住宅を必ず購入します!という意思を示す証拠となるもの。

住宅を購入するというケースはほとんどの場合、高額な取引となります。特に注文住宅の場合は住宅を一から作り上げるので、途中で契約をなかったことにしたい!となったときは損害を被ることもあり得ます。そういったことを防ぐために手付金というものが存在するのです。

この手付金の使い道は、契約がキャンセルにならない限り

  • 売買代金として充当される
  • 買主に返還される

この2パターンとなります。

ただし契約成立後にやっぱり契約をキャンセルしたい!となった場合、手付金は基本的に返還されないので注意しましょう。

また手付金と同じように現金で支払うお金として頭金があります。頭金は住宅ローンの借入額を減らす為に用意するお金であり、手付金と違って必ずしも必要ではありません。

頭金の特集記事もございます。気になる方はコチラをご覧ください。

ちなみにマンションを購入する場合は、手付金の前にさらに「申込金」(申込証拠金)が必要となるケースがあります。この申込金の相場は5万円~10万円ほど。手付金と異なり申込金を支払うのは契約が成立する前なので、支払ったあとに契約をキャンセルするような場合は申込金を返してもらえます。

手付金の相場とは?

ところで先生、手付金の相場っていくらくらい払うものなのでしょうか?
手付金の相場は物件価格の5~10%くらいと言われています。

例えば1,000万円の土地を購入するとき、手付金は50万円~100万円が目安となります。また一律100万円としている場合もあるので、手付金がいくらになるかはまさにケースバイケースとなりますね。

さて、手付金は物件を購入する意思を示すものと説明してきました。したがって、あまりにも安すぎる額だと簡単に契約をなかったことにする人もいるかもしれません。そこである程度の金額を払うのが契約時の慣習となっているのです。

住宅ローンの審査が通らない!そんなとき手付金は返ってくるの?

契約が成立したけれど、やっぱりキャンセルしたい・・・そのような場合、手付金は返ってくるのでしょうか?

ここでは

  • 買主都合によるキャンセル
  • 売主都合によるキャンセル

というケース別に紹介します。

【買主都合によるキャンセルの場合】手付金は基本的には返ってこない!

契約が成立し手付金を支払ったあと基本的に契約はキャンセルできません。

例えばやっぱり住宅を購入するのはやっぱりやめよう・・・とか他の物件の方が気に入ってしまった!など、買主側の都合によって契約をキャンセルするとなると手付金は返ってこないのです。ただし、買主都合によるキャンセルとなった場合でも手付金が返還されるケースがあります。

そのポイントとなるのが「住宅ローン特約」です。

住宅ローン特約ってどういうものですか?初めて聞きましたわ。
住宅ローン特約とは、住宅ローンの審査が通らなかった場合に契約をなかったことにできる条項です。だって住宅ローンの審査が通らないのにそのまま代金の支払いを要求されると大変ですからね!

住宅を購入する手続きの中で、重要事項説明書という契約書が交わされます。この重要事項説明書の中に住宅ローン特約という条項が記載されているのです。

この住宅ローン特約があれば、ローンの審査が通らなかったとき契約をキャンセルすることも可能。住宅ローンをあてにしていたのに購入代金を用意できないといった場合は、契約をキャンセルできるとともに手付金も返還されるので安心ですね。

ちなみにこの住宅ローン特約が記載されておらず住宅ローンの審査が通らなかった!となると大変なことになります。

重要事項説明書の中に住宅ローン特約が記載されているか必ず確認するようにしましょう。

【売主都合によるキャンセルの場合】手付金は倍になって返還される。

契約をキャンセルしないといけないような場合は、なにも買主都合によるものだけではありません。当然ハウスメーカーや不動産業者の都合によって契約をキャンセルしないといけないこともありますよね?

そういった場合、売主側は受領した手付金の倍の額を買主側に返還することにより契約をキャンセルできるとされています。

注文住宅を買うときに必要な手付金。支払うタイミングはいつ?

手付金とはどのような費用なのかよくお分かりいただけたかと思います。それでは、最後に注文住宅を購入するケースの場合、どういったタイミングで手付金が必要となるのか流れを見てみましょう。

注文住宅の場合、手付金を払うタイミングはいつ?

注文住宅を購入する場合は、まずは土地を用意する必要があります。すでに土地を用意できている方ならいいですが、土地を購入するところから始まる方も多いですよね。土地を購入する場合は土地代の手付金が必要となります。

さて、土地を用意できたら次は工事の請負契約です。ハウスメーカーや工務店と工事の請負契約を結ぶことになりますが、その工事代の手付金も必要となります。こういった手付金は、住宅ローンの審査前に支払わなくてはなりません。

マイホームを買うなら住宅ローンを組めばいいわ、としか考えていませんでした。意外と現金が必要となる場面は多そうですね。
そうですね。特にフルローンで注文住宅を購入しようと考えていた方は、現金が必要になるタイミングがありますので注意してくださいね。

手付金を住宅ローンに組み込むことはできない!

住宅ローンを低金利で借りられる今だからこそ、フルローンで住宅を購入する人もいます。

しかし、手付金が必要となるのは住宅ローンの融資が実行される前。

手付金は現金で用意しなければなりません。手付金は基本的に物件価格の5~10%ですので、数十万円から数百万円ぐらいのまとまった金額になります。

また、住宅を購入する場合は手付金だけでなく諸費用や頭金など、物件価格だけでなく他の費用も必要となってきます。余裕をもった資金計画が大切になってきますね!

契約を結ぶ段階ではこの金額を用意できない!そういった場合は手付金の金額を変更してくれる場合もあります。必ず対応してもらえるわけではありませんが、手付金を用意するのが難しい場合は事前にハウスメーカーや不動産業者に相談してみると良いでしょう。

契約段階で必要な手付金。計画的に用意しておこう!

今回は契約の段階で必要となる手付金についてご説明しました。手付金の相場は物件価格の5~10%が相場となります。さらに手付金は住宅ローンの融資が実行される前に必要となるので、あらかじめ用意しておく必要があります。

基本的に買主都合で契約をキャンセルすると手付金は戻ってきません。(売主側の都合によりキャンセルとなった場合は倍額で返還されます。)

しかし、住宅ローン特約があれば住宅ローンの審査が通らなかった場合に手付金の放棄なしで契約を解除できるので、この特約が記載されているかは必ず確認するようにしましょう。