在宅介護サービス
介護保険タクシーってどんなサービス?利用方法・条件と費用

介護保険タクシーってどんなサービス?利用方法・条件と費用

介護保険タクシーや介護タクシーでは、乗り降りしやすい機能が備わった車が利用でき、運転手が移動の介助などをしてくれます。ひとりでの外出が難しい人には、嬉しいサービスですよね。

介護保険が適用される介護保険タクシーは、利用できる人の条件があり、通院や役所など限られた外出先のみ利用可能。

介護保険適用外の介護タクシー(福祉タクシー)だと、利用料は全額自己負担ですが、旅行なども含め幅広い目的で利用できます。

この記事では、主に介護保険が適用される介護保険タクシーについて、利用できる人の条件、利用方法や費用をご紹介します。

介護保険タクシーってどんなタクシー?特徴とサービス内容

介護保険タクシーは、「介護保険指定業者番号」を取得している業者によって運営されています。タクシー会社、医療法人、介護施設など、業者の母体はさまざまです。

介護保険タクシーの運転手は、ただ目的地まで送り届けてくれるだけではなく、乗り降りの介助などの介護サービスを提供してくれます。

介護保険タクシーの特徴やサービス内容を紹介します。

運転手は介護関連の資格を取得!スタッフと車両の特徴

介護保険タクシーでは、介護職員初任者研修以上の資格を持つスタッフが運転手です。

介護職員初任者研修とは…

介護職員初任者研修は、以前存在した「ホームヘルパー2級」に相当する資格です。介護関連の資格の中では、新人向けの入門的な資格とされています。

車いすのまま乗れる車、乗りこみやすいように座席が回転する車などがタクシーになっているので、「体の自由がきかないので、車に乗り込むのが大変」という人でも安心です。

介護保険タクシーで受けられる介護サービスの内容

介護保険タクシー利用時に受けられる介護サービスには、以下のようなものがあります。

  • 健康状態や気分の確認
  • 外出前の着替えや身だしなみの介助
  • ベッドから車いすへの移乗の介助
  • 介護保険タクシーまでの移動の介助
  • 乗車・降車の介助
  • 病院の受付までの移動の介助

実際にどのような介護サービスを受けるかは、ケアプランの内容によって違います。

車に乗ったり降りたりするのを手伝うとかなら、普通のタクシーの運転手さんでもやってくれそうなんだけど?
介護を行うための資格を持っていない普通のタクシー運転手の場合、利用者に頼まれても、リストにあるようなサービスを行うことはできないんですよ。

介護保険タクシーの利用条件!外出先は厳しく制限されている

介護保険タクシーを使うための条件を紹介します。実は、利用対象者の要介護度や、利用目的などに条件があるんですよ。

介護保険タクシーの利用対象者は居宅介護サービスの利用者

介護保険タクシーは、介護保険サービスの「居宅サービス」のなかの「訪問介護」に含まれます。

そのため、特別養護老人ホーム、介護老人保健施設などの介護保険施設に入所している人(施設サービスを利用している人)は利用対象外です。

自宅や、居宅とみなされる有料老人ホーム、ケアハウス、サービス付き高齢者住宅などで生活していて、なおかつ下記の条件を満たしている人が、介護保険タクシーを利用できます。

  • 介護度が要介護1以上
  • 公共交通機関(電車やバス)をひとりで利用できない
  • 介護保険タクシーの利用がケアプランに含まれる

通院、選挙、公共機関など、外出先はかなり制限されている

介護保険が適用される介護保険タクシーは、以下の目的地に行くときにだけ利用できます。

  • 通院
  • 生活必需品の買い物
  • 役所・金融機関などでの手続き
  • 介護関係施設の見学
  • 選挙の投票

これ以外の目的地だと、介護保険が適用されないので、全額自己負担となります。

ケアプランにもとづいて利用!介護保険タクシーの利用方法

介護保険タクシーを使うには、ケアプラン(介護サービス利用の計画書)にタクシー利用が含まれている必要があります。

介護保険タクシーの使いたいと、担当のケアマネージャーに伝えましょう。

「介護保険タクシーの利用が必要」と判断されれば、ケアマネージャーから介護保険タクシー業者に利用希望の連絡をしてくれます。

その後、利用者本人と介護保険タクシー業者の間で訪問介護契約を結べば、サービスが利用できます。

介護保険タクシーって便利そうだから使ってみたいわ!実際に利用したいときには、電話で呼べばいいんですか?
介護保険タクシーはケアプランに基づいて利用するため、事業所の営業時間にのみ利用でき、予約制です。「今すぐ病院に行きたい」などと急に呼ぶことはできませんよ。

ケアマネジャーに関する特集記事はコチラです。

介護保険タクシーって安いの?利用にかかる費用をご紹介

介護保険タクシーを利用するときには、運賃のほか、迎車料金、待機料金、介護サービスの利用料がかかります。

どんな費用がかかり、運賃はどれくらいなのかご紹介します。

運賃は全額自己負担!介護保険が適用されるのは介護サービス部分のみ

介護保険タクシーの利用料で介護保険が適用されるのは、乗り降りの介助などの介護サービスのみです。

運賃、迎車料金、待機料金は介護保険の対象ではなく、全額自己負担となります。

介護保険タクシーの料金=運賃+介護保険サービス利用料

運賃は、普通のタクシーと同じようにメーター料金の場合がほとんどです。大型車だと料金が高くなります。

実際どれくらい費用がかかるの?介護保険タクシーの運賃例

介護保険タクシーの運賃は、普通のタクシーより安いのでしょうか。いくつかの会社を例に、比較してみましょう。

介護保険タクシーと普通のタクシーの運賃比較
事業者 普通車・中型車の運賃
東京都
介護保険タクシー
A社
初乗り 2.0㎞まで700円
加算料金 288mごと90円
東京都
介護保険タクシー
B社
初乗り 2.0㎞まで570円
加算料金 333mごと80円
東京都
通常のタクシー
C社
初乗り 1.052㎞まで410円
加算料金 237mごと80円

(2018年7月1日現在)

介護保険でタクシーが使えると聞いたから、自己負担額はもっと安いのかと思っていました!運賃は普通のタクシーとそれほど変わらないみたいだし、思ったより費用がかかりそうですね。
そうですね。あまり頻繁に使うと費用がかさんでしまいます。利用は必要最低限にしておきたいですね。

運賃と介護サービス利用料の合計を事前に確認しよう

運賃以外の介護保険サービス利用料は、乗り降りの介助なら、1回につき100円程度(自己負担1割の場合)です。車椅子やストレッチャーをレンタルするなら、その費用も別にかかります。

住んでいる地域、利用する時間帯、介助の内容によって、かかる費用は違います。また、利用目的や頻度によっては、割引が受けられる場合もあります。

割引の有無、運賃とサービスを合わせたトータルの費用を、ケアマネージャーや介護保険タクシーの事業者にしっかり確認しましょう。

確認を怠ると「予想より費用がかさんで困った」ということになりかねません。

介護保険適用外の介護タクシーとは?費用や特徴をご紹介

介護保険の対象となる介護保険タクシーは、利用目的が限られています。そのため、「ちょっと使いにくいなぁ」と感じる人もいるでしょう。

そうなんじゃ。通院や役所に行く以外にも、外食や友達の家に行くのにも使えると、もっと便利なんじゃがのう。
介護保険の対象にならない介護タクシー(福祉タクシー)だと、幅広い外出先への移動に利用できます。介護保険タクシーとの違いや利用方法について、説明しますね。

介護保険タクシーとはここが違う!利用目的が幅広い

介護保険対象外の介護タクシーには、このような特徴があります。

  • 幅広い外出先に使える
  • 介護保険施設などに入所している人も使える

冠婚葬祭、墓参り、親戚や友人宅への外出、映画などの娯楽、旅行・観光でも使うことができます。

介護タクシーの利用方法!当日急な利用でも対応可能

まずは事業者に連絡をします。介護保険タクシーを運行している会社で、介護保険適用外でもタクシーを利用可能なところもありますし、介護保険適用外のサービスのみを行っている会社もあります。

初めての利用であれば、住所、体の状態、家の場所(階段の上り下りが必要なのかなど)を説明します。乗降のサポートはどれくらいしてくれるのかなど、会社側のサービス内容の説明もきちんと聞きましょう。

当日急に利用したい場合でも、空きがあれば対応してくれることがあります。

介護タクシー(福祉タクシー)の費用はどれくらい?時間制料金の例

介護タクシー(福祉タクシー)はメーター料金のほか、時間制料金を採用している会社も多いです。観光など、運転手の待ち時間が長くなる場合は、時間制料金となるようです。

介護タクシーの時間制料金例
事業者 普通車・中型車の運賃
東京都
介護タクシー
D社
初乗り 1時間まで4,650円
加算 30分ごと2,110円
東京都
介護タクシー
E社
初乗り 30分まで3,200円
加算 30分ごと3,200円

(2018年7月1日現在)

このほか、介助料や福祉用具レンタル料も別にかかります。介護保険適用外なので、全額自己負担となります。

介護保険タクシーを使いたいならまずはケアマネージャーに相談

介護保険タクシーや介護タクシー(福祉タクシー)は、ひとりでの外出が難しい人、親の通院のたびに会社を休んで送迎するのが困難な家族にとっては、便利なサービスです。

介護に専念している家族にとっても、通院や外出をタクシーに任せて、介護から離れる時間をもたらしてくれます。

費用は安くありませんが、外出しないといけない用事があるとか、「家にこもりがちなので気分を変えるために外出したい」という場合には、利用を検討してはいかがでしょうか。

介護保険適用のタクシーを使いたいなと思ったら、まずは担当のケアマネージャーさんに相談してください。