厚生年金
パートが厚生年金に加入する条件とメリット・デメリット

パートが厚生年金に加入する条件とメリット・デメリット

わたしは専業主婦なんですが、パートで働きたいなって思ってます。教育資金や老後資金を貯めたいし、気分転換にもなりそうなので。
それはいいですね!
でもパートだと、厚生年金には入れないんですよね?
いいえ。厚生年金の加入条件に、雇用形態は関係ありません。

パートやアルバイトでも、条件を満たせば会社には厚生年金への加入義務が生じるんですよ。

そうなんですね。そもそもパートの場合、厚生年金に加入するメリットはあるのでしょうか?
老後年金を増やせたり、ケガや病気、障害を負ったとき・出産時に手厚い保障を受けたりできますよ。

ただし給料の手取りが減り、配偶者控除の対象からも外れることで、現時点では「払い損」と感じる人もいます。

ではパートが厚生年金の加入対象となる条件や、厚生年金に加入するメリット・デメリットを説明します。

パートに厚生年金への加入義務が生じるケース(加入条件)

「パートやアルバイトだと、厚生年金保険の加入対象にならない」と思っている人も多いですが、正社員やフルタイムパートでなくても、厚生年金の加入対象となる場合があります。

ただし短時間勤務であるパート・アルバイトには、別途条件が設けられているのです。

厚生年金の基本的な加入条件と、パート・アルバイトが知っておくべき加入条件を見てみましょう。

【1】まずは厚生年金の基本的な加入条件を確認しよう

厚生年金の被保険者となるには、まず厚生年金に入っている事業所(適用事業所)に勤務していることが条件。適用事業所は次の2種類です。

厚生年金の適用事業所
適用事業所 内容
強制適用事業所 次のいずれかに該当する事業所
・法人の事業所
・従業員が常時5人以上いる個人の事業所※
任意適用事業所 「強制適用事業所」ではないが、従業員の半数以上の同意のもと、厚生労働大臣の認可を受けた事業所
※農林漁業、サービス業などを除く
どちらかの事業所に勤務していれば、厚生年金への加入義務があるということですか?
いいえ。被保険者となる従業員にも、次のような加入条件が設けられています。
厚生年金の加入条件
  • 70歳未満※
  • 2カ月を超える労働契約を結んでいる
※70歳以上でも保険料納付期間が10年に満たない場合は、引き続き加入可能

では次の章で、パート・アルバイトが厚生年金の加入対象となる条件を説明します。

【2】パート・アルバイトが厚生年金の加入対象となる条件

パートやアルバイトの場合、週30時間以上働かないと厚生年金に加入できないんですよね?
それは昔の話です。平成28年10月1日に制度が改正されて、「勤務時間が週20時間以上の人」も厚生年金保険の対象になりました。

平成28年10月1日からは勤務時間が週20時間以上でも厚生年金保険の加入対象者になった

そのほかにも条件や例外などがあるので、一緒に確認しましょう。

短時間勤務のパート・アルバイトが厚生年金に加入するには、まず正社員の労働時間・労働日数の4分の3以上働いていることが条件です。

しかしその条件に満たない場合でも、次の条件を満たせば厚生年金の加入者となります。

パート・アルバイトの厚生年金加入条件
  • 従業員が常時501人以上※の企業(特定適用事業所)に勤めている
  • 週の所定労働時間が20時間以上ある
  • 1年以上の雇用期間が見込まれる
  • 賃金の月額が88,000円以上である
  • 学生でない
※500人以下の場合は労使の合意が条件

また学生の場合でも、次のような場合は厚生年金の被保険者となります。

パート・アルバイトの学生が厚生年金の被保険者となる場合
  • 卒業後も引き続き同じ事業所で勤務する
  • 休学中である
  • 夜間学部や夜間の定時制に通っている
日雇いのアルバイトは、厚生年金の加入対象になりませんよね?
基本的には加入できません。ただし1カ月を超えても引き続き勤務することが決まったら、その日から被保険者となります。
そうなんですね!知らなかったわ。
はい。このほか「2カ月以内の期限を定めて働く人」や「4カ月以内の季節的業務で働く人」も原則加入できませんが、それ以上継続して働くなら被保険者となります。
厚生年金の加入条件には
、いろいろ例外があるんですね・・・仕事を選ぶ前に確認しておかなきゃ。
そうですね。さらに詳しい内容は「厚生年金の加入条件【パート・アルバイトも対象になる場合あり】」で説明しているので、ぜひ読んでみてください。

パートも厚生年金への加入を検討すべき!3つのメリットを紹介

パートやアルバイトの場合、厚生年金に加入したら損をするんじゃないですか?

ママ友はみんな夫の扶養内で働いていて、厚生年金には入っていないんです。周りが加入していないなら、私も加入対象にならない働き方をしたほうがいいのかしら・・・。

「ただ、なんとなく」という理由で厚生年金への加入・非加入を決めてしまうと、損をするかもしれませんよ!
厚生年金への加入には、メリットもデメリットもあります。あなたの現在や老後のお金に大きく影響する可能性もあるので、入りたい人もそうでない人も確認しておきましょう。

厚生年金の加入によるメリットは次のとおりです。

パート・アルバイトが厚生年金に加入するメリット
  1. 保険料を会社が半分負担してくれる
  2. もらえる老齢年金が多くなる
  3. 老齢年金以外の保障も手厚い

【1】パートが厚生年金に入ると保険料は労使折半!

厚生年金の保険料(月額)は、被保険者本人と事業主が半分ずつ納める「労使折半」です。

厚生年金の保険料は被保険者と事業主で労使折半

国民年金に加入している場合は、保険料を全額自己負担しなければなりません。しかし厚生年金の場合は、労使折半により自己負担分を軽減できます。

ってことは「厚生年金は国民年金より保険料が安い」ってことですか?
それは違います!負担する保険料は、厚生年金のほうが高くなる場合も多いんです。
国民年金の保険料は月額16,340円(平成30年度)。これは全国一律で、年ごとに決められている金額です。

それに対して厚生年金の保険料は、給料・賞与(ボーナスなど)やその年の保険料率により決まります。そのため国民年金の保険料より高くなる場合もあるのです。

保険料が高くなってしまうなら、あまりお得じゃない気がするわ・・・。
たしかに給料などによっては、月々の支払額が増えたり、扶養から外れて保険料を自己負担しなくてはならなくなったりします。でも「自己負担が半分だけ」と考えると、お得だと思いませんか?
そう言われてみれば、そうですね・・・。
それに老齢年金や遺族年金・障害年金の支給額は、国民年金より厚生年金に入ったほうが多くなります。

いざという時や将来のためのお金を確保しておくなら、多少保険料が高くなっても厚生年金のほうがオススメです。

【2】パートが厚生年金に入ると年金を多くもらえる

厚生年金に加入すると、老後にもらえる年金「老齢年金」の金額が多くなります。

原則20歳以上65歳未満の人は、国民年金に加入しています。国民年金加入者が受給する老齢年金は、老齢基礎年金のみです。

しかし厚生年金は国民年金に上乗せされるので、もらえる年金は老齢基礎年金・老齢厚生年金の「2階建て」になります。

厚生年金は国民年金の上乗せ

公的年金だけで不安な人は、個人年金保険などで年金をさらに上乗せしておけば、老後資金をしっかり準備できますよ。

また厚生年金に加入していると、老齢年金だけでなく遺族年金・障害年金の受給額が多くなる可能性も。

遺族年金とは

被保険者が亡くなったとき、その遺族に支払われる公的年金のことです。

遺族年金の受給条件や受給期間などについては「遺族年金とは?どのくらいサポートがあるのか解説」で説明しています。

障害年金とは

病気・ケガにより障害が残り、仕事や日常生活が困難になったときに受けられる給付金です。

障害年金の受給条件や申請方法、審査基準については「病気やケガをしたら、働きながらでももらえる障害年金を申請しよう!」を参考にしてください。

いざという時の給付金が増えると安心ですね。

【3】厚生年金は保障制度が手厚い!いざという時に安心

厚生年金に加入した場合、条件を満たせば健康保険から次のような保障制度を受けられます。

厚生年金の被保険者が受けられる保障制度
  • 傷病手当金
  • 出産手当金
傷病手当金とは

病気やケガにより会社を休み、十分な報酬が受けられないときに受け取れる給付金のことです。

出産手当金とは

被保険者が出産のために会社を休んだ期間で、給与が支払われなかった場合に支給される手当金。

出産日から数えて42日前※~出産翌日から数えて56日目の範囲内で、休業期間を対象として支給されます。

※多胎妊娠(双子など)の場合は98日
こういう保障制度が備わっていると安心ですね。私は2人目を産む可能性もあるから、出産・育児の際に手当金を受け取れるのも嬉しいわ。
そうですね。モモリーさんにもピッタリだと思います。

ただし、これらの制度を利用するには、一定条件を満たさなければなりません。加入する際に確認しておきましょうね。

厚生年金への加入がオススメなのは、個人事業主(自営業)の妻

兄さんの奥さんは、厚生年金に入っていないのよね?
そうそう、オイラは個人事業主・妻はパートタイマーで、2人とも国民年金に入ってるよ。

でも最近、妻が「子どもが大きくなってきたから、もっと長い時間働きたい」と言っているんだ。

お子さんの進学などがきっかけで、勤務時間を長くする人も多いですよね。
ただ・・・これ以上勤務時間を増やすと、厚生年金に入ることになるらしいんです。

この場合、妻は勤務時間を増やすべきなんでしょうか?

自営業(個人事業主)の配偶者がパートで働くなら、厚生年金への加入をオススメします。

厚生年金への加入がとくにオススメなのは、個人事業主の配偶者です。

たとえば夫が会社員(厚生年金加入者)の場合、その被扶養者である妻は第3号被保険者となることで、保険料の自己負担が不要になります。

しかし夫が個人事業主(国民年金加入者)だと、妻が第3号被保険者になることは不可能。国民年金か厚生年金に加入することになり、保険料を自己負担しなければなりません。

そのため国民年金に入っている妻は、厚生年金への加入によって保険料の自己負担分を減らせる可能性があるのです。

パートが厚生年金に入る2つのデメリット

パートが厚生年金に加入すると、次の2つのデメリットもあります。

パートが厚生年金に加入するデメリット
  • 月々の手取り額が減る
  • 配偶者控除の対象外になる

それぞれ見ていきましょう。

【1】パートが厚生年金に加入すると月々の手取り額が減る

第3号被保険者※の場合、厚生年金に加入すると月々の手取り額が減ってしまいます。

第3号被保険者とは

第2号被保険者(厚生年金の加入者)に扶養されている配偶者のことです。

第3号被保険者の場合、保険料を負担する必要がありません。しかし厚生年金に入る(第2号被保険者になる)と保険料は被保険者の給料・賞与から差し引かれるため、自己負担分が発生してしまうのです。

【2】パートが厚生年金に加入すると配偶者控除が受けられなくなる

配偶者の扶養内で働いている人の場合、厚生年金に加入すると配偶者控除の対象外となってしまいます。

配偶者控除を受ける条件は、配偶者の給与所得が年間103万円以下であること。

厚生年金に加入できるのは「月給88,000万円以上」の人ですから、年に換算すると約106万円となり、103万円を超えてしまうのです。

私が厚生年金に加入すると、夫が配偶者控除を受けられなくなってしまうんですね。
そういうことです。そのためパートで働くなら、厚生年金に加入するか・・・というより扶養内で働くべきかどうか、配偶者の方と相談して決めることをオススメします。

パートが厚生年金に加入するといざという時・老後の保障が手厚い!

パートやアルバイトでも、条件を満たせば厚生年金への加入義務が生じます。

厚生年金に加入すれば年金の支給額が多くなり保障も手厚くなりますが、給料の手取りが少なくなるというデメリットも。

しかし今は少し損をしてしまっても、いざという時や老後のお金をしっかり確保することも大切。将来受け取る年金・保障など、長い目で見て働き方を決めてはいかがでしょうか。

また厚生年金に加入することで、配偶者控除の対象から外れてしまうことも知っておきましょう。

※記載の情報は2018年7月現在のものです。